理工学教育部
専攻紹介ウェブサイトへ

修士課程(理学領域)

6つの専攻から構成され、自然界の未知なる仕組みの解明や、その仕組みを応用する独創的な研究に取り組むとともに、研究をバックボーンとした教育を行うことによって、これまで幾多の人材を社会に輩出しています。

数学専攻

学部における基礎的な教育の基に、数学の専門的知識や手法を修得し、数学に密接に関わる問題の解決能力を有する、広く社会で活躍できる高度専門職業人の育成を目的としています。

物理学専攻

自然界の基礎となる物理学を深く学び、それを礎とした先端的研究活動に携わることで、高いレベルの科学知識及び豊かな素養、さらに筋道立った物理学的思考能力を有して科学・技術の発展に柔軟に対応するとともに、社会の多方面で活躍できる高度専門職業人の育成を目的としています。

化学専攻

化学物質の創製、機能の発現及び物性の解明を目指した研究実践を通じて、高度な専門的知識と技術を修得させるとともに、課題探求力・課題解決力を培うことにより、急速に高度化する科学・技術に対応できる高度専門職業人の育成を目的としています。

生物学専攻

生命現象の普遍性と多様性やそれらの進化的意義及び生命の尊厳を認識し、専門的知識を活用した先端的研究を行うことにより、課題の探求・解決能力を有する、社会の多方面で活躍できる高度専門職業人の育成を目的としています。

地球科学専攻

地球の誕生から未来の姿まで、地球内部から水圏・大気圏にわたる様々な現象について深く理解し、地球科学分野の専門的知識と課題探求・問題解決能力を有するとともに、地球規模の視野をもって災害・環境・エネルギー・資源等の諸問題に貢献できる高度専門職業人の育成を目的としています。

生物圏環境科学専攻

化学・生物学・地球科学を基礎とした環境科学に関する学際的な知識と思考力を持ち、新課題の探求・解決にも積極的に取り組む能力を持った高度専門職業人の育成を目的としています。

修士課程(工学領域)

6つの専攻で構成されています。

電気電子システム工学専攻

ハイパワ-エレクトロニクス化が進む電力供給技術、制御、FA関連技術、プラズマ関連技術、情報化社会の基盤をなす通信技術、センサ-・計測技術、極微量子電子デバイス、有機誘電体関連技術など、高度な電気電子技術の動向を常に鋭く把握し、本質を見極めることができる高度専門職業人の育成を目的としています。

知能情報工学専攻

ソフトウェア・ハードウェア・通信・マルチメディア・人工知能など情報工学の核となる技術、ユビキタスネットワーク社会を築くための幅広い科学技術、視覚・聴覚・脳・神経など知能・生体系における情報処理技術の教育・研究を行なっています。各研究室において実施されている先端的な研究活動への参加を通じ、企業や公的機関の研究・開発部門の要員あるいは起業家としてグローバルに貢献できる高度専門職業人の育成を目的としています。

機械知能システム工学専攻

多様化、細分化、個性化しつつある現代社会の経済、市場、企業戦略などの全体を見通し、ハード面の技術追求のみならず、人間工学的な面にも配慮しつつ、社会的役割や、国際社会への貢献も視野に入れて、21世紀社会のニーズ、機械工学・技術の進展に対応できる高度専門職業人の育成を目的としています。

生命工学専攻

生体のもつ高度な機能を物理学や化学、生物学から学び、これを利用したものづくりを通して、様々な有用物質の生産や地球環境の保全、創造に工学的な手法で応用・貢献することができる高度専門職業人の育成を目的としています。

環境応用化学専攻

資源エネルギー問題や環境問題を始めとする現代社会が抱える諸課題の解決に向けて、最先端の化学及び関連分野の知識と技術を積極的に修得し、「ものづくり」を通して、持続可能な環境調和型社会の実現のために貢献することができる高度専門職業人の育成を目的としています。

材料機能工学専攻

構造材料、機械材料、電子材料、生物材料等の分野で社会ニーズに対応した新機能材料を創造するために、材料の特性評価法、環境に配慮した生産プロセス開発、ナノテクノロジーを駆使した新機能創製法に関連する専門知識と応用力を有する高度専門職業人の育成を目的としています。

博士課程

数理・ヒューマンシステム科学専攻

幅広い教養と専門知識をベースに、数理科学及び人間工学(ヒューマンシステム科学)の視点より、これからの高度情報化社会並びに高齢化社会に十分対応できる理工学の最新知識と高度な技術力を修得し、問題発見能力と問題解決能力を兼ね備えた総合的な研究者や高度技術者の育成を目的としています。

ナノ新機能物質科学専攻

高度ナノテクノロジーを基軸として、各種物質の創成や物性及び新機能発現に関する理工学の学問的資質並びに高度な技術力を修得し、基礎理工学の各分野あるいは医学薬学との境界領域において、新たな問題の発見及び問題を解決するための能力を兼ね備えた研究者や高度技術者の育成を目的としています。

新エネルギー科学専攻

素粒子から宇宙にいたる広範囲なスケールにおける物質の様々な形態・状態に着目し、関わるエネルギーの遷移や変換の仕方を理解して、新しい知見を得るための研究を遂行する能力を身につけることにより、新しいエネルギー源の開発やエネルギーの有効活用、地球規模でのエネルギー問題に高い見地から主導的にとりくめる研究者や高度技術者の育成を目的としています。

地球生命科学専攻

宇宙から地球の深部までと、生命を育んでいる生物圏環境及び生命活動の時空間的あり方について、幅広い教養と高い専門性をもとに深く攻究し、課題の発見と解決能力を備えるとともに、未来社会への指針をみいだすことのできる独創的な研究能力を有する研究者や高度技術者の育成を目的としています。