和漢医薬学総合研究所ウェブサイトへ

伝統医学は人類が自然の摂理と天然の恵みを巧みに利用し、疾病の予防、治療にあたってきた経験知の集積と考えられます。和漢医薬学総合研究所は近年著しく発展した先端科学技術を駆使することにより、この伝統医学や使われる薬物を科学的に評価し、東洋医学と西洋医学の融合をはかり、新しい医薬学体系の構築と自然環境の保全を含めた全人医療の確立に貢献することを使命とします。この使命を達成するため当研究所は

  1. 天然薬物資源の確保と保全、
  2. 和漢医薬学の基礎研究の推進と東西医薬学の融合、
  3. 漢方医学における診断治療体系の客観化と漢方医療従事者の育成、
  4. 伝統医薬学研究の中核的情報発信拠点の形成

などに関する重点課題を設定し、研究所内の横断的連携、国内および国際的共同研究を推進しています。

部門・分野

研究部 資源開発部門 生薬資源科学分野
天然物化学分野
病態制御部門 複合薬物薬理学分野
病態生化学分野
消化管生理学分野
神経機能学分野
栄養代謝学分野
臨床科学部門 漢方診断学分野
トランスレーショナルリサーチ
推進部門
漢方トランスレーショナルリサーチ分野
天然薬物開発分野
情報科学分野
東西医薬学研究センター
和漢薬研究の科学基盤形成事業推進室
民族薬物研究センター 国際共同研究分野
国際共同研究拠点オフィス
 北京大学(中国)
 チュラロンコン大学(タイ国)
 カイロ大学(エジプト)
 南京中医薬大学(中国)
和漢薬データベース
民族薬物資料館

動画でみる和漢医薬学総合研究所