地域連携推進機構ウェブサイトへ

地域社会の自律的発展に貢献するため、社会人教育による市民生活の充実、地域課題解決への先導的役割等を果たすとともに、地域社会に対する窓口としての機能を果たすことを目的とします。
地域連携推進機構は、地域連携戦略室と生涯学習部門、地域づくり・文化支援部門、地域医療・保健支援部門の3つの部門で構成されています。社会人教育・地域興し・医療問題など地域との連携に係わる機能を一つの組織にまとめ、多面化・多様化する地域のニーズにスピーディ・フレキシブルに対応します。

富山全域の連携が生み出す地方創生 未来の地域リーダー育成

※「未来の地域リーダー」称号取得見込証明書を発行できるようになりました。

部門紹介

地域連携戦略室

地域連携戦略の企画立案、地方公共団体や民間企業、各種団体と連携した地域振興への企画立案及びコーディネート等、本学の地域連携に関するシンクタンク機能を担います。

地域連携戦略室

生涯学習部門

富山大学の持つ様々な知識・技術を公開講座やオープンクラス(正規授業の公開)などを通じて開放し、地域社会の学習環境を豊かにします。あらゆる世代が自然にキャンパスを闊歩する、そんな富山大学の学風を目指します。
富山大学の知的資源を開放することを通して、地域社会における生涯学習の振興と充実に寄与します。

生涯学習部門

地域づくり・文化支援部門

地域資源を活かして社会を活性化し、豊かな生活の醸成へつなげるための支援を行います。産・学・官・金・メディアとの連携により、地域の人材育成のサポートや、伝統文化・アートなどの文化資源を活かした発信を推進します。

地域づくり・文化支援部門

地域医療・保健支援部門

地域との連携を推進し、地域医療や地域保健に関する人材育成、調査、研究、情報発信を通じて、地域の保健・医療・福祉の向上に貢献します。

地域医療・保健支援部門