富山大学独自の経済的支援制度

 本学では,在学中の学生が経済的に自立した学生生活を送ることができるように,本学独自の様々な経済支援の制度を用意しています。
 ここで言う学生は,正規の「学部学生」,「大学院学生」を指します。なお,対象者に「研究生」,「科目等履修生」を含む場合は,対象者欄に該当者を記載しています。

1. 給付型支援/返済不要

名称 制度概要 対象者 担当窓口
電話番号
富山大学基金事業学生海外留学支援プログラム 28日以上1年以内の海外留学希望者に対し,月額6~10万円(渡航国・地域によって金額は異なる)の奨学金及び留学先の授業料(上限30万円)を給付する。 学生(外国人留学生,学部1年次を除く) (五福キャンパス)
国際部
留学支援課
076-445-6404
富山大学五福キャンパス国際交流事業基金
外国留学への奨学事業
外国留学への奨学事業として学資金を給付する。
留学期間が3か月以上で,派遣先での単位修得を原則とする。
支度金2万円及び月額4万円(1年間を限度)
五福キャンパスの学生
富山大学五福キャンパス国際交流事業基金
学生海外渡航補助事業
外国留学,外国で開催される国際会議等への参加,本学が主催する短期留学プログラム等への参加等のための海外渡航補助事業として,5万円を限度に助成金を給付する。
富山大学五福キャンパス国際交流事業基金
外国人留学生(大学院学生)への奨学事業
奨学事業として学資金を若干名に給付する。
修士・博士前期課程:月額2万円(1年間を限度)
博士・博士後期課程:月額3万円(1年間を限度)
五福・高岡キャンパスの大学院の私費外国人留学生(1年次)
富山大学杉谷キャンパス国際交流基金
外国人留学生奨学援助事業
奨学援助事業として修士・博士前期課程・研究生:月額2.1万円,博士・博士後期課程:月額3万円を給付する。
(前期)12か月:10人,(後期)6か月:8人
杉谷キャンパスの大学院の外国人留学生(研究生を含む) (杉谷キャンパス)
医薬系学務課
学生支援チーム
076-434-7122
富山大学杉谷キャンパス国際交流基金
学生海外派遣援助事業
海外派遣援助事業として海外研修に5万円,
国際学会発表に学部5~6年次,修士・博士前期程: 7.5万円,博士・博士後期課程:10万円を給付する。
前期:15人,後期:10人
杉谷キャンパスの学生

2. 雇用型支援/業務への給与

名称 制度概要 対象者 担当窓口
電話番号
TA
(ティーチング・アシスタント)
優秀な大学院生に対し,その学生の経済的支援や,将来,教育・研究者になるためのトレーニング機会の提供及び学部等教育におけるきめ細かい指導の実現を目的として雇用し,給与を支給する。
教員の指導・指示に従い,実験,実習,演習等の教育補助業務に従事する。
大学院学生 (五福キャンパス)
総務部
人事企画課
076-445-6245
RA
(リサーチ・アシスタント)
優秀な大学院学生(博士・博士後期課程)に対し,本学の研究活動の効果的推進,研究体制の充実及び若手研究者としての研究能力の育成を目的として雇用し,給与を支給する。
教員の指導・助言に従い,研究補助業務に従事する。
大学院学生(博士・博士後期課程)

3. 入学料免除・徴収猶予及び授業料免除並びに寄宿料免除

名称 制度概要 対象者 担当窓口
電話番号
入学料免除 入学前1年以内において学資負担者が死亡し,又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け入学料の納付が著しく困難であると認められる者に対し,入学料の半額又は全額を免除することがある。 学生 (五福キャンパス)
学務部
学生支援課
076-445-6087

(杉谷キャンパス)
医薬系学務課
学生支援チーム
076-434-7130

(高岡キャンパス)
芸術文化学部
総務課
学務チーム
0766-25-9131
経済的理由により入学料の納付が著しく困難であり,かつ,学業優秀と認められる者に対し,入学料の半額又は全額を免除することがある。 大学院学生
入学料徴収猶予 経済的理由によって納付期限までに入学料の納付が困難であり,かつ,学業優秀と認められる者に対し,入学料の徴収を猶予することがある。
入学前1年以内において,学資負担者が死亡し,又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け,納付期限までに納付が困難であると認められる者に対し,入学料の徴収を猶予することがある。
学生
授業料免除 経済的理由によって授業料の納付が困難であり,かつ学業優秀と認められる者に対し,授業料の半額又は全額を免除することがある。
学期が始まる月前の6月以内(新入学者は,入学前1年以内)において,学資負担者が死亡し,又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け,納付が困難であると認められる者に対し,授業料の半額又は全額を免除することがある。
学生
卓越した学生に対する授業料免除 各学部長等より推薦された成績優秀者等の卓越した者に対し,後期分授業料の半額を免除することがある。 学生(博士・博士後期課程を除く) (五福キャンパス)
学務部
学生支援課
076-445-6087
寄宿料免除 経済的理由(授業料免除に準じた家族全員の所得による審査あり)により寄宿料の納付が著しく困難であると認められる者に対し,寄宿料の半額又は全額を免除することがある。 学生(在寮者) (五福キャンパス)
学務部
学生支援課
076-445-6090

4. 貸与型支援/奨学金

名称 制度概要 対象者 担当窓口
電話番号
日本学生支援機構
奨学金
第一種
(無利子)
いずれかの貸与月額を選択
3万円・4.5万円(自宅)・5.1万円(自宅外)
貸与期間:当該課程の標準修業年限以内
学部学生 (五福キャンパス)
学務部
学生支援課
076-445-6087

(杉谷キャンパス)
医薬系学務課
学生支援チーム
076-434-7130

(高岡キャンパス)
芸術文化学部
総務課
学務チーム
0766-25-9131
第二種
(有利子)
いずれかの貸与月額を選択
3万円・5万円・8万円・10万円・12万円
貸与期間:当該課程の標準修業年限以内
第一種
(無利子)
いずれかの貸与月額を選択
5万円・8.8万円
貸与期間:当該課程の標準修業年限以内
大学院学生(修士・博士前期課程)
第二種
(有利子)
いずれかの貸与月額を選択
5万円・8万円・10万円・13万円・15万円
貸与期間:当該課程の標準修業年限以内
第一種
(無利子)
いずれかの貸与月額を選択
8万円・12.2万円
貸与期間:当該課程の標準修業年限以内
大学院学生(博士・博士後期課程)
第二種
(有利子)
いずれかの貸与月額を選択
5万円・8万円・10万円・13万円・15万円
貸与期間:当該課程の標準修業年限以内

  1. 外国人留学生は日本学生支援機構奨学金を受けることができない。
  2. 日本学生支援機構奨学金のほか,日本学術振興会特別研究員研究奨励金,民間・地方公共団体等の育英奨学金も取り扱っており,本学での募集及び選考は入学後に行う。

5. 貸与型支援/資金等

名称 制度概要 対象者 担当窓口
電話番号
富山県地域医療再生修学資金
【前期コース】
医学科1~4年次に,月額4万円を貸与する。
(返還免除制度)
臨床研修修了後,直ちに県内の公的病院等の医師として勤務し,その期間が貸与期間の2倍に相当したとき,返還が免除される。
医学科1~4年次で,臨床研修修了後,県内の公的病院等において診療に従事する意志のある者 (杉谷キャンパス)
医薬系学務課
学生支援チーム
076-434-7135
富山県地域医療再生修学資金
【後期コース】
医学科5,6年次に,月額7万円を貸与する。
(返還免除制度)
臨床研修修了後,直ちに県内の公的病院等の小児科,小児外科,産科,麻酔科,救急科,総合診療科の医師として勤務し,その期間が貸与期間の1.5倍に相当したとき,返還が免除される。
医学科5,6年次で,臨床研修修了後,県内の公的病院等の左記の科において,診療に従事する意志のある者
富山県看護学生修学資金 卒業する月まで,月額3.6万円を貸与する。
(返還免除制度)
県内の指定施設で5年間看護職員として働いた場合,貸与額の一部が返還免除になる。
看護学科の学生で,看護職員の免許取得後,県内の施設等において看護業務に従事しようとする者
富山大学外国人留学生支援事業基金 家計急変等による生活費に対する支援を行うため,5万円以内を無利息で貸与する。1年以内の返済を要する。 学生(外国人留学生) (五福キャンパス)
国際部
留学支援課
076-445-6404