インターンシップ

富山大学のインターンシップについて

本学のインターンシップは、各学部の専門教育科目(選択3年次対象・1~2単位)授業として開設されています。
就業体験は、主に3年次の夏季休業期間に1~2週間程度で実習を行っています。
全学的なインターンシップの取組みは、就職・キャリア支援センターにおいて実施しています。

インターンシップ体験先は、以下のように分類されます。
1. は、申し込み期限を設けて全学的に実施していますが、2. 及び 3. について、単位認定を受けられるかは事前に各学部において確認が必要です。
※詳細は、各学部が定める「インターンシップ実施要項」を参照のこと

  1. 富山県インターンシップ推進協議会による募集企業
  2. 各都道府県のインターンシップ推進協議会・経営者協会などを通じて募集されるもの
  3. 企業・官公庁等が独自に募集するもの

授業概要(詳細は、各学部のシラバス等を参照のこと)

授業計画(授業の形式、スケジュール等)

インターンシップ授業の受講フロー

  • 4月~5月上旬 インターンシップ履修・申込説明会:受入事業所情報の公表
    (受入条件・企業概要等を参考に希望事業所を探す。富山県インターンシップ推進協議会ホームページ参照)
  • 5月中旬 履修申込み:所定の申込書を所属学部教務担当へ提出する。
    受入先の調整・決定:合同事前面接の実施。
    (希望者が多いときは、面接及び申込書等を参考に選考する)
  • 6月中旬~ 受入協定書の締結:覚書を取り交わし、事業所に対して秘密保持等を誓約する。
  • 6月中旬 インターンシップ事前指導:各学部で適宜実施
  • 7月上旬 インターンシップ事前指導:マナー講習(外部講師のロールプレーイングによる指導)
  • 7月下旬 事前打ち合わせ:実習生は必ず事前打ち合わせを受入事業所と行う。
  • 8月上旬~9月 インターンシップの実施:担当指導教員への報告・連絡・相談。終了後礼状送付。
  • 10月上旬 事後指導:学部別の事後指導、レポートの作成など。
  • 10月中旬 Web画面からインターンシップ参加報告書の入力
  • 11月 インターンシップ学内報告会等:各学部で適宜実施
  • 12月中旬 富山県インターンシップ推進協議会主催の就業体験発表会

キーワード

キャリア開発、社会人基礎力、ビジネス・マナー

履修上の注意

就業体験実習に参加するだけではなく、事前、事後指導に至るまで必ず出席すること(出欠を取ります)。
途中放棄・無断欠席・遅刻は事業所、関係機関に多大な迷惑がかかり、次年度以降の実習に支障を来すので絶対に認められません。

授業のねらいとカリキュラム上の位置付け(一般学習目標)

望ましい職業観や職業に関する知識・技能を涵養し、自己の個性を理解した上で主体的に進路を選択できる能力・態度を育成するためのキャリア教育科目として位置付ける。

教育目標

企業等と連携した就業体験プログラムを経て働くことを軸とした価値形成を育み、大学在籍中に自ら将来の人生設計(キャリア開発)を描くための気づき体験として課題を設けて取組み実践する。
また、社会の様々な事業所等で就業体験を積むことによって新たな学習意欲を喚起し、自主的に考え行動できる力を養う。

達成目標

  • 就業体験を通して自己の職業適性や将来設計について考える機会を得ることにより、高い職業意識の育成を計るとともに、自ら職業選択の明確な基準軸を養成することを目標とする。
  • 人間性(思いやり、公共心、倫理観)を高め、基本的な生活習慣(基礎的なマナー、身の周りのことを自分でしっかりとやる)を身に付ける。
  • 職場や地域社会で活躍する上で必要となる社会人基礎力(前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力)を形成する。

外部からのインターンシップ情報

案内チラシ等は就職・キャリア支援センターでファイリングしていますので、ご覧になりたい方は就職・キャリア支援センターへお越しください。

その他

保険

インターンシップを体験するには学研災付帯賠償責任保険『インターンシップ・教職活動等賠償責任保険』(略称「インターン賠」)に加入しなければなりません。(富山大学の正規学生は、入学時に加入することになっています。)

保険加入証明書は学生支援課学生保険窓口で発行できます。
必要書類は以下のとおりです。
・学生証
・所属学部の「インターンシップ履修表」または「公募型インターンシップ届出書」の写し

富山県インターンシップ推進協議会ウェブサイト