就職活動の概略・スケジュール

就職活動の心構え

  • 就職活動は、いつまでも働きたいと思う企業等で、自分がその企業等に対してできることを念頭において選びましょう。
  • 誰もが自分が就職したい企業等に就職できるとは限りません。しかしながら、将来、「希望した企業ではなかった」、「そのような企業とは思わなかった」ということのないよう事前に企業研究や職種について調査しておきましょう。
  • 時には『妥協』することが必要な場合があるかもしれません。そのような場合でも、働くことの意義を再確認し、目的意識を持って結論を出しましょう。
  • 今一度、自分という人間を見つめ、「何をしたいのか」、「何ができるのか」を自問自答し、その結果を基に、もう一度就職活動をしっかり考えてみてください。

就職活動のスケジュール

大学の就職の総合窓口として、各種の就職に関する情報を広く収集し、大学のWebページなどにより素早く発信しています。

就職活動のスケジュール(一般企業の一例)

一般的な企業の例を次に示します。実際のスケジュールは、希望する企業等によって異なるので、当該企業等の動向をしっかり把握しておいてください。
また、社会情勢によりスケジュールが大幅に変更となる場合があるので、「就職・キャリア支援」のwebページの「お知らせ」などの情報を必ず確認してください。

※ 画像をクリックすると拡大表示します。

就職活動のスケジュール(一般企業の一例)

おおまかな流れ(※平成28年度卒業・修了予定者のスケジュール)

【3年次】

6月頃

就職ガイダンスが始まる
自己分析を始める
自己分析・適性診断をしっかり行い、志望動機や自己PRに役立てましょう。
業界・企業研究を始める
業界・企業の成長性、有望性などを研究し、自己分析と併せて企業選びに役立てましょう。

8・9月頃

インターンシップが始まる
インターンシップへの参加も業界・企業研究の良い機会となります。
筆記試験(一般常識・SPI等)の準備
一般常識やSPIの問題に取り組み、慣れておきましょう。

10月頃

就職ガイダンスが本格化する
企業等の採用情報を収集・整理する
就職情報ナビに登録する
就職情報サイトへの登録による企業情報の収集、企業との連絡等が主流です。確実に情報を入手してください。
業界研究会が始まる
就職・キャリア支援センター主催の研究会です。聞いてみたい業界・企業の話はもちろん、知らない業界・企業の話も聞いて就職情報の収集に役立てましょう。

3月頃

求人情報の公開
本学に提出された求人票を公開します。ヘルンシステムでも閲覧できます。ただし、本学に提出される求人票はほんの一部に過ぎません。志望する企業等の求人情報は各自で早めに収集することが基本です。
業界セミナー、企業セミナー、会社説明会等への参加
企業等が学生と直接会って、企業の特徴や求める人材像などを説明するものです。最近では、これらへの参加を採用試験受験の必須条件としている企業も見受けられます。これらの参加から企業等の人事担当者と会う機会が増えるので、マナーにも十分注意しましょう。
個別企業説明会の無断欠席は、絶対に避けてください。やむを得ず欠席する場合は、速やかに採用担当者へ連絡しましょう。
志望企業等の絞込み
この時期までにはどのような企業等を志望するか考え、具体的な採用試験日程等を整理しましょう。
エントリーシートの準備
早いところでは、この時期にエントリーシートの提出を義務付けている企業もあります。実際にエントリーシートを記入して、親族や友人に点検してもらうのも一つの方法です。
学内合同企業説明会の開催
本学学生の採用を希望する企業等の人事担当者にお越しいただき、企業等の特徴や求める人材像を説明いただきます。

【4年次】

4月頃

エントリーシート・履歴書の提出
エントリーシート・履歴書の提出が本格化してきます。これらの内容により採用試験の事前選抜となる可能性もあります。
Uターン就職希望者
出身地での就職を希望する者は、前もって地元の就職情報を収集し、効果的に行動してください。
企業訪問等
この頃までに企業訪問などを行い、疑問点や分からないことをなくしておきましょう。詳細は企業等に問い合わせてください。企業セミナー・会社説明会開催時に確認することも可能です。

6月頃

採用選考
この頃から、採用選考が行われます。
筆記試験(一般常識、適性試験、論文・作文、語学、時事問題試験、専門試験など)、面接試験(集団面接、集団討論、個人面接など)などが行われます。
採用選考の結果
合格した場合は、「内々定」を得た状態となります。企業等により異なりますが、「採用内定通知書」が送付され、「入社承諾書」「入社誓約書」などの書類の提出が求められます。
複数企業より「内々定」「内定」を受けた場合、入社する意思がある1社を残し、その他の企業には速やかに辞退の意思を伝えましょう。(「就職の手引き」に詳しい説明が記載されています。)
不合格の場合は、粘り強く就職活動を続けてください。
気落ちしている時間はありません。次の目標に向かって、しっかりと進んでください。
内定状況の報告
採用が内定したら、「就職内定の報告」を必ずヘルンシステムで入力してください。〔随時〕(「就職の手引き」に詳しい説明が記載されています。)

10月頃

正式内定
10月1日以降、正式内定となります。(採用選考に関する指針
最終報告
最終的に就職先・進路等を決定した時は、「就職・進学先決定の報告」を必ずヘルンシステムで入力してください。〔10月~ 3月の間随時〕
未内定相談
内定を得ることができない場合は、就職・キャリア支援センターに早めに相談してください。

3月頃

卒業・修了後の支援
卒業・修了後に就職活動を行う場合は、全国の「学生職業センター・学生等職業相談窓口」や「新卒応援ハローワーク」 等に相談してください。また、就職・キャリア支援センターにおいても、既卒者の就職活動をサポートしています。

就職情報の入手先

就職情報リンク集を参照願います。