兼業依頼

兼業依頼について

本学の教職員が、兼業に従事する場合には、国立大学法人富山大学に勤務する職員の兼業に関する規則に基づき、事前に申請手続きを行い、許可を得なければなりません。
なお、その場合、依頼者の方からは、学長宛ての依頼状をお送りいただくことになっております。
つきましては、本学教職員に対し兼業を依頼される場合は、下記要領にて遺漏なくご依頼くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

本学教職員が事前に学長(または所属長)の許可を受けることなく兼業等に従事した場合は処分の対象となり得ますので、兼業の依頼においては、期日の初日より遅くとも3週間前までに依頼状を送付していただきますよう併せてお願いいたします。
依頼日から許可希望日までの期間が短い場合は、ご希望日に添えないことがあり、その場合は、本学の許可日からとなります。
なお、貴機関において事務処理上回答文書を必要とされる場合は、回答文書をお送りしますので、お手数ですが宛先を明記した返信用封筒を同封してくださいますようお願い申し上げます。

担当課等

医学部、附属病院、薬学部及び和漢医薬学総合研究所に係る兼業依頼
〒930-0194 富山市杉谷2630
富山大学医薬系事務部医薬系総務課人事・職員支援チーム 兼業担当
芸術文化学部に係る兼業依頼
〒933-8588 高岡市二上町180
富山大学芸術文化学部総務課総務・研究協力チーム 兼業担当
上記以外の学部等に係る兼業依頼
〒930-8555 富山市五福3190
富山大学総務部人事労務課 兼業担当

依頼状要領

1. 兼業従事職員の所属・職名・氏名
例1:○○学部 教授 富山 太郎
例2:○○センター・准教授・五福 一郎
のように記載してください。
2. 依頼する職名とその内容
非常勤講師の場合は「講義名」、委員等の場合は具体的に記載してください。
また、資料等があれば添付願います。
3. 従事期間
「平成○年○月○日(又は承諾日)~平成○年○月○日まで」と明記してください。
4. 勤務態様
期間中○回/1回○時間、
週○回/1回○時間・○曜日、 年○回/1回○時間
のように記載のうえ、勤務時間帯を具体的に記載してください。
5. 報酬
報酬がある場合は、その金額及び交通費を明記してください。
未定の場合は予定金額を記載してください。
6. 勤務場所
貴機関の住所と異なる場所で従事する場合に記載してください。

その他

添付資料として、次の書類の提出を併せてお願いすることがあります。

  • 兼業の許可期間が1年を超える場合は、その根拠となる条例、定款、設置要綱及び規則等。
  • 事業の内容がわかるもの。(パンフレット等)
  • 非営利企業(団体)の場合は、営利を目的とする組織ではないことが分かる書類。(寄附行為、定款等)
  • 営利企業(団体)である場合は、定款、組織図及び営業報告書の写し並びに依頼しなければならない理由書。
  • その他

本学規則等