積み重ねてきた和漢薬研究で予防と治療を実現

漢方薬による認知症予防への取り組みと地域活性化

積み重ねてきた和漢薬研究で予防と治療を実現 漢方薬による認知症予防への取り組みと地域活性化  神経回路再構築活性を有する和漢薬に関して積み上げてきた基礎研究の成果に基づいて、和漢薬・漢方薬による認知症予防と治療の実現を目指す。基礎研究と臨床研究を進め、企業と共同し、新しい医薬品の開発、漢方方剤の効能リポジショニング、機能性表示食品開発を行う。健康増進に有望な生薬の、国産優良品種の開発を進めブランド生薬の製品化も目指す。本事業は、富山大学が健康増進に資する重要な科学的知見を発信する拠点となるものであり、また協力体制を構築する産官および地域を活性化し、世界の健康に貢献するものである。

和漢医薬学総合研究所 神経機能学分野

プロジェクト紹介動画

※ 画像をクリックすると、YouTube富山大学チャンネルの動画ページを開きます。
  動画へのリンク先は音声が流れます。なお、映像内での職名・所属・学年などは制作当時のものです。