中国人材育成事業による研究者の受入れ

中国人材育成事業とは

日本政府による中国政府に対するODA(政府開発援助)事業の1つである有償資金協力(円借款)を活用し、中国の高等教育機関の質・量の向上及び日中間の相互理解に寄与する人材の育成を目的としています。

中国人材育成事業 医薬系特設研修コース

富山大学杉谷(医薬系)キャンパスは2005年9月に東洋医学を含む医薬系特設研修コース開設に着手するとの契約を国際協力銀行と締結しました。それに伴い中医薬学領域の教育基礎を有する研究者向けであることを意識し、中国における医療事情及び医薬系教育の現状を把握したうえで、中医薬学の専門知識を持つ研究者向けのコースを開発し、2006年10月から開設しており、中国側対象大学の大学教員、研究者の受入を特設研修コースの研修員として積極的に受入れています。

コースの特徴

  • 東西医薬学コースのプログラムとして医学系プログラム及び薬学系プログラムを開設。
  • 4月と10月の年2回開講。研修期間は6ヶ月。
  • 各プログラムの研修員数は5人程度の少人数制。
  • 研修開始後にオリエンテーション及びラボツアー、終了時に研修内容の発表会を実施し、研修修了証を授与。

コース一覧

医学系コース

  1. 分子神経科学コース
  2. 再生医療コース
  3. ニューロサイエンスコース
  4. 放射線基礎医学コース
  5. 全身性炎症反応症候群遺伝子治療コース
  6. トキシコゲノミクスコース
  7. 生体構造解析コース
  8. 消化器疾患コース-肝再生医療-
  9. H.pyloriと胃癌関連研究コース
  10. 和漢診療コース
  11. Biostatistics コース
  12. 看護教育、看護研究、看護管理コース
  13. 自律神経機能解析コース
  14. 脳科学コース
  15. メタボリックシンドロームの病態コース
  16. 顎口腔機能再建コース
  17. 看護研究、看護教育、母子看護コース
  18. 老年看護学コース

薬学系コース

  1. 生薬の同定・品質評価コース
  2. 天然薬物開発コース
  3. 天然薬効評価コース1
  4. 天然薬効評価コース2
  5. 天然薬効評価コース3
  6. 生物活性評価コース
  7. 脂質栄養コース
  8. 薬用植物の組織培養コース
  9. 標的分子の機能解析コース
  10. 蛋白質の精製・構造解析コース
  11. リポソームを用いた剤型設計コース

コース受入実績

年度 研修コース名 派遣元大学(人数)
2006年10月期
(2006年10月~
 2007年3月)
・東西医薬学コース 薬学系4 天然薬効評価コース2 寧夏医学院(1名) 
・東西医薬学コース 医学系2 再生医療コース
・東西医薬学コース 医学系3 ニューロサイエンスコース
三峡大学(2名)
・東西医薬学コース 薬学系5 天然薬効評価コース3
・東西医薬学コース 医学系13 看護教育,看護研究,看護管理コース
青海大学医学院(2名)
2007年4月期
(2007年5月~
 2008年3月)
・東西医薬学コース 薬学系2 天然薬物開発コース 江西中医学院(1名)
2008年4月期
(2008年4月~
 2008年9月)
・東西医薬学コース 医学系1 分子神経科学コース
・東西医薬学コース 医学系5 全身性炎症反応症候群遺伝子治療コース
・東西医薬学コース 医学系2 再生医療コース
海南医学院(4名)
2008年10月期
(2008年10月~
 2009年3月)
・東西医薬学コース 薬学系2 天然薬物開発コース  湖北中医学院(1名)  
・東西医薬学コース 薬学系1 生薬の同定・品質評価コース
・東西医薬学コース 薬学系2 天然薬物開発コース 
三峡大学(2名)  
2010年4月期
(2010年4月~
 2010年9月)
・東西医薬学コース 薬学系2 天然薬物開発コース 
・東西医薬学コース 薬学系4 天然薬効評価コース2 
三峡大学(2名) 
・東西医薬学コース 薬学系2 天然薬物開発コース  武漢工業学院(1名)
2013年10月期
(2013年10月~
 2014年3月)
・東西医薬学コース 医学系2 再生医療コース 海南医学院(1名)

アルバム