海外来訪・訪問情報(2016年度)


慶北大学校(大韓民国)と大学間学術交流協定を締結しました

 2017年3月14日(火)、大韓民国慶北大学校において本学と慶北大学校との大学間学術交流協定の調印式が行われました。本学からは堀田工学部長、松田工学部国際交流委員会委員長及び李助教(理工学研究部)が出席しました。
 慶北大学校とは、平成22年に同大人文学部と本学人文学部の間で部局間協定を締結し、今日に至るまで活発な教員及び学生の双方向の交流が行われてきました。今回、より幅広い分野での交流拡大に向けて大学間学術交流協定への格上げが実現したものです。
 調印に続き、今後の交流に関する意見交換を行った後、慶北大学校の工科大学研究室等を見学しました。今後も両大学の共同研究・学生交流の発展が大いに期待されます。

  • KIM, Sang-Dong学長(左)と堀田工学部長(右)KIM, Sang-Dong学長(左)と堀田工学部長(右)
  • 協定締結式での記念撮影協定締結式での記念撮影
  • 歓迎を受ける堀田工学部長歓迎を受ける堀田工学部長
  • 施設見学の様子施設見学の様子


ハノイ工科大学(ベトナム)と大学間学術交流協定を締結しました

 2017年2月27日(月)、本学とベトナム社会主義共和国のハノイ工科大学との大学間交流協定の締結式が行われ、本学からは堀田工学部長及び松田工学部国際交流委員会委員長が出席しました。本協定は相互に対等な立場で、教職員・学生の交流、共同研究の実施、学術会議の開催等の実施とその発展に協力することを目的として締結したものです。
  当日は、ハノイ工科大学のHoang Minh Son学長が協定書に署名し、この協定を基に双方の大学が連携協力することを確認しました。その後、ハノイ工科大学の情報工学部及び材料科学・技術学部を訪問し、今後の学術交流について意見交換を行いました。

Hoang Minh Son学長と堀田工学部長
Hoang Minh Son学長と堀田工学部長(左から3番目、4番目)
ハノイ工科大学材料科学・技術学部にて
ハノイ工科大学材料科学・技術学部にて


経済学部は台湾・開南大学とのダブルディグリー・プログラムの実施に伴う覚書を締結しました

 3月9日(木)、本学経済学部は、台湾の開南大学商学院及び同大学人文社会学院と部局間協定に基づくダブルディグリー・プログラムの実施に伴う覚書を締結しました。開南大学から、林君信商学院長及び趙順文人文社会学院長が本学五福キャンパス経済学部を訪れ、中村経済学部長と署名をかわしました。
 ダブルディグリー・プログラムは、本学ではじめて実施するものであり、今回の締結により、本学経済学部生が入学後2年間本学で学んだ後に開南大学商学院または人文社会学院に2年間留学し、両大学の卒業要件を満たすことで、両大学の学位を取得することができるものです。開南大学からも同様に受け入れます。
 本学学生は、専門知識の修得と併せて、外国の大学へ留学することにより卓越した語学力による自らの情報発信と異文化を理解し協働する力を兼ね備えた国際的視野を有するグローバルな人材となることが期待されます。
 調印の後、一行は、畑中理事(国際担当)・副学長を表敬訪問し、今回締結したプログラムの特徴や学生に期待することなどについて懇談しました。

調印後の記念写真(右から趙順文人文社会学院長、林君信商学院長<br>中村経済学部長、福井経済学部評議員)
調印後の記念写真(右から趙順文人文社会学院長、林君信商学院長
中村経済学部長、福井経済学部評議員)
表敬訪問での記念写真(左から李愛花教務課長、林君信商学院長<br>趙順文人文社会学院長、畑中理事、鈴木理事、中村経済学部長)
表敬訪問での記念写真(左から李愛花教務課長、林君信商学院長
趙順文人文社会学院長、畑中理事、鈴木理事、中村経済学部長)


ノルウェー貿易産業大臣一行と懇談

 平成29年1月25日(水)、YKK50ビルにてノルウェー貿易産業大臣モニカ・メーラン氏との懇談が行われました。畑中理事(国際担当)・副学長による歓迎の挨拶の後、本学理工学研究部の松田教授よりこれまでの交流実績の紹介や、アルミニウム合金の分野で両国の大学・研究機関と企業が協力し、教育-研究-ビジネス(ナレッジトライアングル)の連携を推進することを目的としたINTPARTプロジェクトの説明が行われました。また、本プロジェクトでノルウェーに研究留学した李助教と大学院生2名による報告が行われ、メーラン大臣からは「本プロジェクトは国際交流の良き事例であり、今後も更なる発展を期待している」とのコメントがありました。

  • 畑中理事による歓迎の挨拶畑中理事による歓迎の挨拶
  • 松田教授による事業説明松田教授による事業説明
  • 李助教による研究留学報告李助教による研究留学報告
  • 西村材料機能工学科長とメーラン大臣西村材料機能工学科長とメーラン大臣


タイ王国・ウボンラーチャタニ大学長ら一行が遠藤学長を表敬訪問

 1月26日(木)、タイのウボンラーチャタニ大学(以下UBU)から、Nongnit Teerawatanasuk学長、Sirintip Boonmee人事・国際担当副学長、Chutinun Prasitpuripreecha薬学部長ら一行5名が、本学遠藤学長を表敬訪問しました。  
 今回一行は、UBU薬学部と本学和漢医薬学総合研究所との部局間学術交流協定を締結することを目的に同研究所を訪れました。門脇同研究所長とNongnit学長が協定書に署名し、今後の学術交流について意見交換するとともに、同研究所民族資料館や本学附属病院における漢方薬治療などを見学しました。
 UBUとは、天然薬物を研究テーマとして実施した JSPS とタイ NRCT との拠点大学交流事業(H13‐H22 年度)において、同研究所が拠点機関として、UBUから多数の研究者、大学院生を受入れており、現在まで継続的に研究交流を行ってきました。
 表敬訪問では、遠藤学長の歓迎の挨拶のあと、引き続きNongnit学長が挨拶を行い、これまでの交流実績及び今後の交流推進について懇談しました。

敬訪訪問での記念写真
敬訪訪問での記念写真(前列左から、Nongnit学長、遠藤学長、畑中理事・副学長)
  • 協定締結後の記念写真協定締結後の記念写真
    (左からNongnit学長、門脇所長)
  • 民族資料館見学の様子民族資料館見学の様子


米国・カリフォルニア州ロサンゼルス統合学区小学校長ら一行が遠藤学長を表敬訪問

 12月22日(木)、カリフォルニア州ロサンゼルス統合学区から、186通り小学校のMarcia Sidney-Reed校長ら3名が、本学遠藤学長を表敬訪問しました。  
 Reed校長は、2016年度全米小学校校長協会が各州から一人を選ぶカリフォルニア州地区全米表彰校長として顕彰された高い評価を得ている教育者で、今回、本学大学院教職実践開発研究科主催による21世紀型グローバル教育とチーム学校に関する国際シンポジウムにおいて基調講演を行いました。  
 表敬訪問では、遠藤学長の歓迎の挨拶のあと、Reed校長らの実践する取組や教育理念などについて懇談しました。

Marcia Sidney-Reed校長(中央左)と遠藤学長(中央右)
Marcia Sidney-Reed校長(中央左)と遠藤学長(中央右)


中国・内蒙古医科大学一行が遠藤学長を表敬訪問

 9月14日(水)、内蒙古医科大学から、白長明大学書記、孟興凱第一附属病院長、王国強第二附属病院長及び孫利民外務部長ら一行4名が、本学遠藤学長を表敬訪問しました。  
 旧富山医科薬科大学と旧内蒙古医学院とは、2001年7月20日に大学間学術交流協定を締結し、その後、新たな富山大学及び内蒙古医科大学として、2012年7月25日に再締結し、今日まで学生及び研究者の交流等を行ってきました。
 今回一行は、内蒙古医科大学第一附属病院と本学附属病院との遠隔医療教育ネットワーク交流に関する部局間覚書を締結、病院施設見学及び今後の学術交流についての意見交換を行うため本学を訪れました。
 表敬訪問では、遠藤学長の歓迎の挨拶のあと、引き続き白長明大学書記が挨拶を行い、本学齋藤附属病院長らも同席し、双方の大学及び病院概要や今後の協力関係の交流発展について懇談しました。

白長明内蒙古医科大学書記(前列中央左)と遠藤学長(前列中央右)
白長明内蒙古医科大学書記(前列中央左)と遠藤学長(前列中央右)


遠藤学長が中国北京大学医学部、河北医科大学、山東大学、上海大学を訪問

 9月5日(月)から9月10日(土)の6日間に渡って、連携強化及び国際交流活動の活性化を図ることを目的に、遠藤学長が中国の学術交流協定校である北京大学医学部、河北医科大学、山東大学、上海大学の4大学を訪問しました。また山東大学では、大学間協定再締結調印式が執り行われました。
 各訪問先において、学長あるいは副学長を表敬し、各大学のポリシーや大学をめぐる国内情勢についての話題から、これまでの本学との交流実績まで幅広く懇談しました。また、研究者及び学生交流をはじめとして強化したい交流分野などについて意見交換を行い、今後も継続的に連携協力し、交流を一層推進していくこと、課題点を改善していくことなどを確認しました。

  • 北京大学医学部北京大学医学部
    中央、右隣 詹启敏北京大学医学部主任と遠藤学長
    左から2番目韓教授、右から2番目蔡教授
  • 河北医科大学河北医科大学
    前列左から 温教授、本学北島医学部長、遠藤学長、
    崔慧先河北医科大学長、本学二階堂理事・副学長
    後列右から2番目田教授
  • 山東大学 山東大学との大学間学術交流協定再締結調印式の様子
    前列左遠藤学長 前列右張栄山東大学校長
    後列左から4番目、5番目に、協定担当者の本学理工学研究部松田教授、山東大学鄒教授が陪席
  • 上海大学上海大学
    右から3、4番目龚思怡上海大学副学長、遠藤学長
関連リンク:
北京大学医学部ウェブページ
河北医科大学ウェブページ
山東大学ウェブページ
上海大学ウェブページ


タイ国家学術調査委員会・チュラロンコン大学薬学部一行が本学和漢医薬学総合研究所を訪問

 9月5日(月)、タイ国家学術調査委員会(NRCT)Pavich Tongroach氏及びタイ国チュラロンコン大学薬学部Rungpetch Sakulbumrungsil薬学部長ら10名が、和漢医薬学総合研究所を訪問し、門脇和漢医薬学総合研究所長及び同研究所教授らと懇談しました。
 NRCT は、1959 年に政府の科学技術に関する助言を行う機関として設置され、現在は首相直轄の独立組織として国の政策や戦略に対して提言を行う重要な役割を担っています。  
 本学とチュラロンコン大学は、2001年3月に大学間学術交流協定を締結して以来、研究者及び学生交流や共同研究を通じて活発な交流を続けています。
 今回、本研究所並びに関連施設を視察するとともに、今後の両大学のさらなる交流促進を目的として本研究所を訪問されました。
 懇談では、和漢医薬学総合研究所、NRCT、チュラロンコン大学薬学部についての紹介を行い、今後の交流について活発に意見を交わしました。その後一行は、民族薬物資料館、附属病院の和漢診療科、動物実験施設などを熱心に視察されました。

  • 懇談の様子懇談の様子
  • 記念品を交換する記念品を交換する
    Rungpetch Sakulbumrungsil薬学部長(左)と
    門脇所長(右)
  • 懇談後の集合写真 懇談後の集合写真
  • 民族薬物資料館見学の様子民族薬物資料館見学の様子


ミャンマー保健・スポーツ省研修団が遠藤学長を表敬訪問

 6月27日(月)、ミャンマー保健・スポーツ省関係者の研修団一行12名が、本学遠藤学長を表敬訪問しました。
 遠藤学長の歓迎の挨拶のあと、引き続き団長のYi Yi Myint伝統医療局長から、ミャンマーへの伝統医薬に関する支援事業への感謝の言葉が述べられ、双方の協力推進、両国の教育の在り方や課題などについて意見交換を行いました。
 この研修団は、和漢医薬学総合研究所の紺野教授が中心となって、富山県の協力のもと実施しているJICA草の根技術協力事業「ミャンマーにおける伝統薬品の品質改善を通したプライマリーヘルスケア向上事業」の一環で、本学で受け入れたもので、昨年に続きメンバーを交替しての2回目の訪問となります。
 一行は県内の配置薬システムなどを学ぶため、本学杉谷キャンパス、富山県及び製薬企業の施設見学を行い、7月4日に開催される国際シンポジウムに参加します。

Yi Yi Myint伝統医療局長(左)と遠藤学長(右)
Yi Yi Myint伝統医療局長(左)と遠藤学長(右)
ミャンマー研修団一行との記念撮影
ミャンマー研修団一行との記念撮影


和漢医薬学総合研究所はコンケン大学薬学部(タイ)と部局間学術交流協定を再締結しました

 2016年5月20日(金)、杉谷キャンパスにて、本学和漢医薬学総合研究所とタイのコンケン大学薬学部との部局間交流協定の再締結式が行われました。
 コンケン大学薬学部とは、2003年に伝統医薬学の分野における共同研究及び学生交流を推進するため同協定を締結してから実績を重ね、5年をめどに更新してきました。
 当日は、門脇同研究所長とコンケン大学Paiboon Daosodsai薬学部長が協定書に署名し、今後も世界の伝統医薬学をリードしていくことを目指し、双方連携協力することを確認しました。
 その後は、タイから同行した保健省伝統医療局のSuriya Wongkongkathep局長や伝統医療病院等関係者らとあわせて21名一行は、同研究所民族資料館や附属病院の漢方薬治療などを見学しました。

協定書にサインを交わすPaiboon Daosodsai薬学部長(左)と門脇所長(右)
協定書にサインを交わすPaiboon Daosodsai薬学部長(左)と門脇所長(右)
握手を交わす2人
握手を交わす2人
調印後の記念撮影
調印後の記念撮影
薬物民族資料館見学の様子
薬物民族資料館見学の様子


韓国・京畿大学副学長が畑中理事を表敬訪問

 4月22日(金)、韓国から京畿大学の李在範副学長が、畑中理事(国際担当)・副学長を表敬訪問しました。
 表敬訪問に先立ち、李在範副学長立会いの下、本学五福キャンパスにて、経済学部と京畿大学経商学部及び社会科学部との2件の部局間学術交流協定の調印式が行われました。
 表敬訪問では、中村経済学部長及び同学部の金教授も陪席し、京畿大学の特徴や今後の学生交流予定などについて懇談しました。

懇談の様子
懇談の様子
李在範副学長(左)と畑中理事(右)
李在範副学長(左)と畑中理事(右)