海外来訪・訪問情報(2017年度)


ミャンマー保健・スポーツ省研修団が遠藤学長を表敬訪問

 6月20日(火)、ミャンマー保健・スポーツ省関係者の研修団一行が、本学遠藤学長を表敬訪問しました。
 本研修団は、和漢医薬学総合研究所の紺野研究員が中心となって、富山県の協力のもと実施しているJICA草の根技術協力事業「ミャンマーにおける伝統医薬品の製造管理及び品質管理の改善を通じた保健衛生向上事業」の一環で来日されました。
 遠藤学長による歓迎の挨拶のあと、引き続き団長のKyaw Soeミャンマー保健・スポーツ省伝統医療局副局長から、ミャンマーへの伝統医薬に関する支援事業への感謝の言葉が述べられ、双方の協力推進や国際貢献に向けた今後のさらなる協力の可能性などについて活発な意見交換が行われました。
 また、一行は滞在中、薬の品質管理について学ぶため、本学杉谷キャンパス及び県内の製薬企業等の施設見学を行い、6月26日に開催される「富山・ミャンマー伝統医薬品・プライマリーヘルスケアシンポジウム2017」に参加する予定です。

Kyaw Soe伝統医療局副局長(左)と遠藤学長(右)
Kyaw Soe伝統医療局副局長(左)と遠藤学長(右)
ミャンマー研修団一行との記念撮影
ミャンマー研修団一行との記念撮影


ベトナム軍医大学長が学長を表敬訪問

 2017年4月24日,ベトナム軍医大学(以下MMU)のDo Quyet学長ら5名が,本学遠藤学長を表敬訪問しました。  
 本学とMMUは,2011年に大学間交流協定を締結し,今日まで学生及び研究者の交流等を行ってきました。また,本学を日本側拠点機関,MMUをベトナム側拠点機関,金沢医科大学を協力機関として実施したJSPSアジア研究教育拠点事業(2009年~2013年)では,西条教授(大学院医学薬学研究部)がコーディネーターとなり,MMUから多数の研究者・留学生を受け入れてきました。
 この度,本事業等への功績により,ベトナム副国家主席から本学及び西条教授にメダル及び賞状が授与されたことから,今回Do Quyet学長が,遠藤学長及び西条教授双方に,これらを手渡すため本学を訪問されました。
 表敬訪問では両大学間における更なる研究者,学生間の交流について懇談を行いました。今後も学術交流の継続的発展が期待されます。

表敬訪問での記念写真
表敬訪問での記念写真
  • Do Quyet学長(左)から賞状とメダルを授与される遠藤学長(右)Do Quyet学長(左)から賞状とメダルを授与される
    遠藤学長(右)
  • Do Quyet学長(左)から賞状とメダルを授与される西条教授(右)Do Quyet学長(左)から賞状とメダルを授与される
    西条教授(右)