外国訪問団の五福キャンパス訪問(2009年度)


「本学極東地域研究センターとロシア科学アカデミー社会政治研究所社会人口学・経済社会学センターが学術交流協定締結」

ロシア連邦のセルゲイ・リャザンツェフ ロシア科学アカデミー社会政治研究所社会人口学・経済社会学センター長と同センターの研究員1名が本学を訪問され、富山大学極東地域研究センターとロシア科学アカデミー社会政治研究所社会人口学・経済社会学センターとの部局間学術交流協定の調印を行いました。
これまで極東地域研究センターとロシア科学アカデミー社会政治研究所社会人口学・経済社会学センターでは、海外学術調査、国際学術会議や国際シンポジウムを通じて交流を進めるとともに、平成19年度採択「世界を対象としたニーズ型地域研究推進事業」のもと共同研究を進めるなど、積極的な学術交流を続けてきました。
今回の学術交流協定締結をきっかけに、共同研究ならびに研究者の交流が一層容易になり、今後両機関の交流が更に発展していくことが期待されます。

堀江典夫副センター長(左から2人目)とセルゲイ・リャザンツェフセンター長(右から2人目)
堀江典夫副センター長(左から2人目)とセルゲイ・リャザンツェフセンター長(右から2人目)

「中国人民大学訪問団が学長、経済学部長を表敬訪問」

中華人民共和国中国人民大学公共管理学院 蓝志勇副院長ら3名が富山大学を訪問し、西頭德三学長と懇談しました。
中国人民大学は北京市にあり、社会科学、人文科学、経済及び管理科学を柱とする総合大学であり、中国人民大学公共管理学院は本学経済学部と部局間交流協定を締結しています。懇談では、両校の学生交流について意欲的に意見交換がされました。
西頭学長との懇談後、蓝志勇 副院長らは経済学部を訪問し、三浦哲男経済学部長、中村和之経済学科長らと、留学生の交換等について意見交換をされました。
今回の訪問をきっかけに、今後両校の交流がさらに発展していくことが期待されます。

  • 学長応接室にて懇談学長応接室にて懇談
  • 蓝志勇副院長(左)蓝志勇副院長(左)


三峡大学訪問団が学長、人文学部長を表敬訪問

中華人民共和国三峡大学焦時倹副学長ら7名が富山大学を訪問し、西頭德三学長と懇談しました。
三峡大学は中国湖北省宜昌市にあり、三峡ダムに関わる水利工学を中心とした様々な学部を持つ総合大学です。懇談では、焦時倹副学長から三峡大学短期留学コースの奨学金留学生の募集についての説明があり、両校の学生交流について意欲的に意見交換がされました。
西頭学長との懇談後、焦時倹副学長らは人文学部を訪問し、山口幸祐人文学部長、磯部教授、末岡准教授、齊藤准教授らと、2008年度に三峡大学に開設された日本語学科から、富山大学への留学生受入れ、講師交流の可能性について意見交換をされました。
今回の訪問をきっかけに、今後両校の交流が発展していくことが期待されます。

  • 学長応接室にて懇談学長応接室にて懇談
  • 焦時倹副学長(左から5人目)焦時倹副学長(左から5人目)
  • 意見交換をし握手する焦時倹副学長(左)と山口人文学部長(右)意見交換をし握手する
    焦時倹副学長(左)と山口人文学部長(右)
  • 人文学部にて人文学部にて


本学経済学部と中南林業科技大学経済学院が学術交流協定調印

中華人民共和国の中南林業科技大学 周先雁学長、中南林業科技大学経済学院 陳文俊院長ほか1名を招き、富山大学経済学部と中南林業科技大学経済学院における部局間学術交流協定の調印式を行いました。調印式では、富山大学経済学部 三浦哲男学部長と中南林業科技大学経済学院 陳文俊院長が協定書に署名しました。

中南林業科技大学経済学院との交流は、陳文俊経済学院長が、2008年3月から9月まで本学極東地域研究センターに客員研究員として滞在されて以来、本学教員との様々な学術交流活動並びに共同研究を通じて発展してきました。
これらの成果を基に陳経済学院長は、本学経済学部の三浦学部長に対し、両学部(院)間の交流拡大と協定締結を強く希望され、これを受け本学代表団が昨秋中南林業科技大学経済学院を訪問し、双方の学部で共通する分野での共同研究実施、研究セミナー開催による学術交流の推進に合意し、このたび部局間学術交流協定を締結することとなりました。
調印に先立ち開催された、締結記念講演会では、中南林業科技大学周学長による特別講演が行われました。調印式後に行われた懇談では、今回の学術交流協定締結をきっかけに大学全体でも交流を活発に行っていくことなどが検討されるなど、今後両校の交流が更に発展していくことが期待されます。

  • 協定に署名する中南林業科技大学経済学院陳院長と本学経済学部三浦学部長協定に署名する陳院長(左から2人目)と
    三浦学部長(右から2人目)
  • 協定を締結し握手する院長と三浦学部長協定を締結し握手する陳院長と三浦学部長
  • 中南林業科技大学からの記念品を手に中南林業科技大学からの記念品を手に
  • 中南林業科技大学周先雁学長、陳院長(前列左より)
    中南林業科技大学周先雁学長、陳院長


ベトナム軍医大学副学長が学長を表敬訪問

ホアン・バン・ルング ベトナム軍医大学の副学長ら7名が富山大学を訪問し、西頭德三学長及び濟木育夫理事・副学長(国際交流担当)と懇談しました。
ベトナム軍医大学とは、2006年11月24日に本学医学薬学研究部が部局間学術交流協定を締結していますが、今年4月に学生交流覚書を一部改定し、より一層学術交流を推進する体制となったことから、今回の訪問では具体的な交流計画の実現に向けて意見交換を行いました。
また、ベトナム軍医大学は、今年度採択された(独)日本学術振興会アジア研究教育拠点事業(コーディネーター:富山大学医学薬学研究部 西条寿夫教授)のベトナム側拠点大学であり、日本側拠点大学である本学と今後の事業計画についても意見交換を行いました。
学長との懇談後は、同事業の日本側協力大学である金沢医科大学の訪問、富山大学附属病院の見学及び共同研究打合を行いました。今回の訪問によりベトナム軍医大学と本学との友好関係はさらに深まり、学術交流の継続的発展が期待されます。

  • ベトナム軍医大学の方々ベトナム軍医大学の方々
  • 学長応接室にて懇談学長応接室にて懇談
  • ベトナム軍医大学からの記念品を手にベトナム軍医大学からの記念品を手に
  • ホアン・バン・ルング ベトナム軍医大学副学長ホアン・バン・ルング ベトナム軍医大学
    副学長(前列左から二人目)


駐日ルーマニア大使夫人が学長を表敬訪問

フロリーナ・ネアグ駐日ルーマニア大使夫人及びディアナ・ティハン政治経済担当書記官が、富山大学を初めて訪問し、西頭德三学長及び濟木育夫理事・副学長(国際交流担当)と懇談しました。
日本とルーマニア両国の外交関係再開50周年を迎えた本年、一年を通じて各種行事が行われている中、ルーマニアの演奏家と音楽交流を続けて同国より芸術文化勲章を受章した富山ルーマニア友好協会理事長の竹内祥子さん(富山市大町在住のピアニスト、元富山大学理学部長 故竹内豊三郎氏御令嬢)が、富山とルーマニアとの大学間交流の足がかりになればと、今回の訪問が実現しました。

懇談では、富山の薬や技術分野でのセミナーを同国で開催することを通じて、多くのルーマニアの人に富山を知ってもらうことを手始めに、同国クルージュにある大学と、大学間交流協定締結に向けた共同研究や相互交流など多元的な面からの関係強化を図っていくことなどが検討されました。
本学には、現在ルーマニアからの留学生はおりませんが、これを契機に富山とルーマニアとの友好関係の発展に少しでも役立つよう、新たな交流が生まれ、両国の友好の輪が広がるような試みをしてまいります。

  • 学長応接室にて懇談学長応接室にて懇談
  • ネアグ大使夫人、竹内祥子さんネアグ大使夫人(前列左)
    竹内祥子さん(後列中央)