富山大学統合10周年

 国立大学法人富山大学は、平成17年10月1日、当時の富山大学・富山医科薬科大学・高岡短期大学の県内3国立大学法人が、地域と世界に向かって開かれた大学として発展していくことを目指し、再編統合してから、本年平成27年をもって10周年を迎えます。

学長あいさつ

挑戦力をもって新領域を創出する

遠藤俊郎学長  富山大学は、平成17年10月1日に、富山大学・富山医科薬科大学・高岡短期大学の県内3国立大学法人が地域と世界に向かって開かれた大学として発展していくことを目指し、再編統合を行い、全国有数規模の総合国立大学法人として発足してから、本年をもって10周年を迎えました。これもひとえに、関係各位のご支援とご協力によるものと深く感謝申し上げます。

 富山大学は、法人化後間もない時期に、3大学統合という全国唯一かつ最大の改革を成し遂げましたが、異なる歴史・伝統を有する大学が一つになることは、決して簡単ではありませんでした。議論を積み重ね、共通理解を持つに至るまで10年の時を擁しましたが、一つの大学としての基盤が今ようやく整いつつあります。これからは “これまで育んできた伝統をもとに己の強みを磨き、新領域を生み出す挑戦力”をもって、さらなる飛躍を目指します。

 時代は大きく変化し、大学に求められる役割も多様化する中、最も重要かつ不変的な役割は“ひと”を育てることであります。次世代を担う若者を育て社会に送り出し、さらに、学問の探究によって豊かな社会の実現に貢献してまいります。

 皆様と知恵を出し合い、対話を重ねながら、前に進みたいと存じます。
 今後とも、富山大学にご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

富山大学長
遠藤 俊郎

これまでの歩み

統合10周年記念事業