イベント情報

2017年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

長期掲載

【少人数制】起業・開業勉強会開催

2017年3月

平成28年度富山大学学位記授与式
とやま特別支援教育セミナー2017
富山大学地域連携推進機構生涯学習部門「開設20周年記念講演会」

2017年2月~3月

GEIBUN 8 -富山大学芸術文化学部卒業・修了制作展- 「つむぐ」

2017年2月

経営支援セミナー
【国際シンポジウム】グローバル時代における外国語教育の未来を考える:動機づけと自律学習
経済学部内田ゼミナール(経営戦略論専攻) 卒論公開審査会
ダイバーシティ研究環境実現シンポジウム 富山大学女性研究者支援の試み -各部局の現状と挑戦- <後編>
ダイバーシティ研究環境イニシアティブ(特色型) 富山大学女性研究者による「短期留学成果報告会」
富山大学附属病院 市民公開講座 -「前立腺がんの診断と治療・最前線」-

2017年1月

「富山から考える震災・復興学」
第12回「みんな起業家、集まらんまいけ!」(インキュベータ交流事業)
北東アジアにおける資源の持続可能な利用
文化財修復に関する講演 「漆工文化財保存の理論と修理実例」

長期掲載

【少人数制】起業・開業勉強会開催

開催日時 2016年6月27日、8月22日、10月24日、12月19日、2月27日(月曜日) 13時30分~15時30分
※6月より隔月第4月曜日開催予定
会場 富山市新産業支援センター 2階 プレゼンテーションルーム(富山大学五福キャンパス工学部敷地内)
概要
起業までの流れや、事業プランの考え方、マーケティング、売上づくり、融資申請などの考え方を、勉強会を通してお伝えします。5人までの少人数制で開催するので、一人ひとりのテーマやお悩みにもしっかり対応いたします。勉強会後の相談、フォローも、富山市新産業支援センターにて無料で受けることができます。
【講師】
富山市新産業支援センター ビジネスインキュベーションコーディネータ
伊藤 淳平 氏
【対象】
これから起業を考えている方、起業家を目指す学生等
【募集人員】
5名(申込受付順)
【参加費】
無料
【申込先】
富山市新産業支援センター
E-mail:sinsangyo-ut@swan.ocn.ne.jp
FAX:076-411-7397
問合せ
富山市新産業支援センター(指定管理者 富山大学)
TEL:076-411-6131

2017年3月

平成28年度富山大学学位記授与式

開催日時 2017年3月23日(木) 10時~(入場開始:9時30分)
開催場所 富山市総合体育館 (富山市湊入船町12番地の1)
概要

平成28年度富山大学学位記授与式を、下記のとおり挙行しますのでお知らせします。

【卒業生・修了生の方】
10時までに1階席へ入場し、着席してください。開始時刻を過ぎますと1階席へ入場できません。

平成28年度学位記授与式案内文 [PDF, 365KB]

【保護者の方】
当日式場2階席に保護者席をご用意しております。保護者の皆様のご来場につきましてもお待ちしております。

【注意】

式場の富山市総合体育館駐車場は利用できませんので、公共交通機関を利用の上、来場願います。
近隣施設への迷惑駐車のないよう、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

問合せ
富山大学総務部総務課
TEL:076-445-6011 FAX:076-445-6014
E-mail:soumuka@adm.u-toyama.ac.jp

とやま特別支援教育セミナー2017

開催日時 2017年3月18日(土) 13時~17時 (受付開始:12時30分~)
開催場所 富山大学五福キャンパス 黒田講堂
講演会:13時10分 ~ 16時30分
同時開催 研究・教育内容紹介:12時30分 ~ 17時
概要

 「とやま特別支援教育セミナー2017」をおこないます。
 今年のテーマは、「障害のある人の生涯発達を見据えた支援」として、現在就労している当事者や家族、それを支える学校や企業・福祉施設の方からの、ご講演とシンポジウムを行います。
 自立生活、そして就労を見据えた支援や子育ては、すでに幼少期から始まっています。
 幅広い年代の方、そして多領域の方に来ていただき、一緒にこのテーマについて考えていただければ幸いです。

開催内容
 13時~13時10分
開会の辞 宮 一志 富山大学人間発達科学部教授
【講演会】
 13時10分~14時10分
 講演1 「特別支援学校卒業後の進路状況」
野崎 美保 富山大学人間発達科学部附属特別支援学校 進路指導主事
加藤 暁子 富山障害者就業・生活支援センター 主任就業支援ワーカー
 14時20分~15時20分
 講演2 「卒業後の就労・生活における現状と課題」
藤永 敦也(保護者)・藤永拓也(当事者・一般就労)
山崎 宗良(山崎コンクリート工業株式会社 代表取締役)
金子 かつよ(社会福祉法人フレンドリー会 統括施設長)
 15時30分~16時30分
 シンポジウム「卒業後の就労・生活のために学校教育に望まれること」
講演1・2の登壇者  ならびに和田 充紀 富山大学人間発達科学部 講師
総合司会:水内 豊和 富山大学人間発達科学部 准教授
16時30分~ 閉会の辞 宮 一志 富山大学人間発達科学部 教授
【同時開催】
 12時30分~17時
 研究・教育内容紹介ブース設置 黒田講堂1階
富山大学人間発達科学部特別支援教育担当教員・附属学校教員等による研究内容・教育活動を展示にて紹介します。
  • 参加対象者:どなたでも参加できます。 参加費無料
  • 参加申込方法:
    メールまたはFAXにてお願いいたします(当日の参加可能)。
    メールの場合は、件名に「とやま特別支援教育セミナー申し込み2017」名を記載ください。
    本文には必ず参加者全員の氏名と所属を明記してください。
    担当者:富山大学人間発達科学部 講師 和田 充紀
    FAX:076-445-6264 E-mail:wada@edu.u-toyama.ac.jp
問合せ
富山大学人間発達科学部 講師 和田 充紀
TEL:076-445-6355
E-mail:wada@edu.u-toyama.ac.jp

富山大学地域連携推進機構生涯学習部門「開設20周年記念講演会」

開催日時 2017年3月4日(土) 13時30分~15時30分
開催場所 富山大学黒田講堂(五福キャンパス)
概要

 富山大学地域連携推進機構生涯学習部門は、前身である生涯学習教育研究センター設立から数えて本年で20年の節目を迎えることとなり、記念式典及び記念講演会を開催いたします。  地域の生涯学習の拠点としての当部門の歩みを振り返るとともに、記念講演会には、本学教育学部附属中学校(当時)を卒業し、日本を代表する映画監督の1人として、多様なテーマで作品を生み出し続ける 本木克英 氏をお招きしてご講演会を行います。
 この講演会が、皆様のライフステージに応じた学びを自らデザインすることについて考える機会になればと思います。

プログラム
【記念式典】
開会挨拶 富山大学長 遠藤 俊郎
来賓祝辞 富山県民生涯学習カレッジ学長 山﨑 弘一 氏
生涯学習部門のあゆみ及び現状報告
     富山大学地域連携推進機構生涯学習部門長 森口 毅彦
対象等
市民一般:定員450名(先着順)、入場無料
参加申込
平成29年2月17日(金)までに、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入の上、メール又はFAXでお申込み下さい。
詳細は、開催案内をご覧ください。
問合せ
富山大学地域連携推進機構生涯学習部門
TEL:076-445-6519 FAX:076-445-6033
E-mail:lifelong20th@adm.u-toyama.ac.jp

2017年2月~3月

 GEIBUN 8 -富山大学芸術文化学部卒業・修了制作展- 「つむぐ」

開催日時 2017年2月18 日(土曜日)~3月5日(日曜日)休館日 2月20日(月),27日(月)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)観覧無料
開催場所 高岡市美術館(富山県高岡市中川1丁目1番30号)
概要

 平成29年2月、富山大学芸術文化学部で学んだ学生による卒業・修了制作展「GEIBUN8」を開催致します。

 今年のテーマは「つむぐ」です。わたしたちは想いをつむぎ、言葉をつむいで、作品という一つの物語を綴ります。学生一人ひとりがつむぐその物語は、多くの「いと」がより合って生まれたものです。「GEIBUN8」という場で、その「いと」を感じられるでしょう。そして、その「いと」が編み上げられて縁をつむぎ、より丈夫なものとなって、未来へと繋がっていってほしい。そういった願いをこめて「つむぐ」というテーマにしました。
 会期中には学生企画によるゲスト講演会やイベントも行います。皆様のご来場、芸文生一同お待ちしております。

【オープニングセレモニー・内覧会(参加無料)】
日時:2月17日(金) 15時~17時
会場:高岡市美術館 地階ビトークホール
※ セレモニーと合わせて、GEIBUN 8 記念映像の上映がございます。
【イベントゲストによる講演会(聴講無料 定員80名 当日先着順)】
各界の著名なゲストをお迎えし、作り手・使い手・つなぎ手から見たトーク・ミーティングを開催します。
日時:各日とも13時30分~
会場:高岡市美術館 地階ビトークホール
2月18日(土)西沢 立衛 (建築家) 「環境と建築」
2月25日(土)深堀 隆介 (美術作家)「金魚は日本人」
3月4日(土)梅原 真 (デザイナー)「地方はジブンで考えろ!」
問合せ
富山大学芸術文化学部総務課総務・研究協力チーム
〒933-8588 富山県高岡市二上町180番地
TEL:0766-25-9139 FAX:0766-25-9212

2017年2月

経営支援セミナー

開催日時 2017年2月23日(木) 18時30分~20時30分
開催場所 富山市新産業支援センター 4階 研修室 (富山大学五福キャンパス工学部敷地内)
概要
【内容】
 講師自らが発明を行い、ベンチャー企業に技術移転を行い、約20年間で売上100億円、従業員300名に至った「起業~企業成長」の事例を踏まえながら、アントレプレナーシップ(起業家精神)について解説し、人の生き方と企業の成長過程について考え、学ぶ機会を提供します。
【講演】
「アントレプレナーシップ(起業家精神)を学び、人生の経営者になろう」
  富山大学 産学連携推進センター 教授 山名 一男
【対象】
中小企業者、創業者や起業家、インキュベーション入居者、起業家を目指す学生、経営に関して興味のある一般の方等
【募集人員】
40名(申込受付順)
【参加費】
無料
【申込方法】
経営支援セミナー参加申込書に必要事項を記入の上、E-mail又はFAXでお申し込みください。
E-mail:
FAX:076-411-7397
問合せ
富山市新産業支援センター(指定管理者 富山大学)
TEL:076-411-6131

【国際シンポジウム】
グローバル時代における外国語教育の未来を考える:動機づけと自律学習

開催日時 2017年2月19日(日)
     特別セミナー 10時~11時40分
     国際シンポジウム 13時~18時45分
開催場所 富山大学 五福キャンパス 共通教育棟
     特別セミナー:共通教育棟 A棟 2F A22番教室
     国際シンポジウム:共通教育棟 C棟 C11番教室
概要
【趣旨】
 学習意欲を高めるために最も大切な「動機づけ」について、外国語教育の観点から考えます。午前の専門家向け「特別セミナー」では、第二言語習得における動機づけ理論に基礎知識がある方を対象に、学習者の動機づけと自律学習について、午後の一般向け「シンポジウム」では、学習意欲を高め、効果的に外国語を学ぶために何が必要かを様々な視点から考えます。
【特別セミナー】
「英語教育と学習の動機づけ:グローバル社会における研究への展望」
  講師:エマ・ウシオダ(英国 ウォーリック大学)
  対象:第二言語習得における動機づけに関する基礎知識がある教員・研究者
  参加費:無料
  定員:30名(申込受付順)
  ※このセミナーは英語で行われます。
【国際シンポジウム】
「グローバル時代における外国語教育の未来を考える:動機づけと自律学習」
  対象:教員、学生、一般市民
  参加費:無料
  • 基調講演 [英語講演]
    「生徒をやる気にさせる教師とは?外国語教室における動機づけとオートノミーの視点から」
    講演者:エマ・ウシオダ(英国 ウォーリック大学)
  • 招待講演 1[英語講演]
    「目標設定における動機づけの役割:ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に内在する多種多様なリソースの活用法」
    講演者:ローナ・カーソン (アイルランド ダブリン大学トリニティカレッジ)
  • 招待講演 2[日本語講演]
    「学習者を動機づけるための目標言語使用」
    講演者:中田 賀之(日本 同志社大学)
  • 招待講演 3[英語講演]
    「英語担当教員研修と英語学習者の動機づけ」
    講演者:楊 魯新(中国 北京外国語大学)
  • 講演者全員による総合討論[英語・日本語討論]
    * 各講演のプレゼンテーションスライド・配布資料は、日英両言語で用意いたします。
    * 各講演の質疑応答は、日英どちらでも対応いたします。
【参加申込方法】
① 氏名 ② 職業(所属) ③ 連絡先(メールアドレス)④ 午前の特別セミナー参加希望の有無を記入して、motivate@ctg.u-toyama.ac.jp宛に電子メールをお送りください。
参加申込締切日:2017年2月10日(金)
当日申込も可能ですが、人数制限する場合がありますので、事前申込をお勧めします。
詳細:富山大学国際交流センター「国際シンポジウム グローバル時代における外国語教育の未来を考える:動機づけと自律学習」のウェブページをご覧ください。
問合せ
富山大学 国際交流センター
TEL & FAX:076-445-6106
E-mail: motivate@ctg.u-toyama.ac.jp

経済学部内田ゼミナール(経営戦略論専攻) 卒論公開審査会

開催日時 2017年2月11日(土曜日)  13時30分受付、14時~
会場 ホテルグランテラス富山 3階「清風」の間
概要

 経済学部内田ゼミナール(専攻:経営戦略論、指導教員:内田康郎教授)では下記の日程で卒業研究審査会を一般に公開します。
 当ゼミでは、毎年4年生の卒業研究に関しては、実際の企業の事例をもとに分析し、成功要因の解明や既存企業に対する戦略提言を盛り込むことを義務づけています。
 また、グローバル人材育成に対する社会的な要請を受け、英語での論文指導も実施しており、この審査会においても希望者は英語でプレゼンすることを予定しています。もちろん、当人たちが用意した原稿をただ読み上げれば済むような報告の場ではなく、英語と日本語のどちらであっても、きちんと聞き手に伝えられているかという点を重視するとともに、正確な言語能力だけでなく非言語的なコミュニケーション能力も審査の対象としています。
 当ゼミナールの4年生が当日に向け真剣に取り組んできた研究成果に対して、広く関心をもっていただくことを期待しています。
 なお、当日は発表内容について、すべての来場者の方に一部審査に加わっていただくことも考えております。

【日本語セッション】
サッカークラブの顧客ロイヤルティ形成戦略に関する一考察
― ロイヤルティ・ステージの視点から ―
横断的顧客価値の創造とその重要性
― ストーリー・マーケティングの観点から ―
中小企業におけるオープンイノベーション
― アウトバウンド型の視座より ―
コモディティ市場内において持続的な競争優位を確立するための一考察
ターンアラウンド戦略の成否
― 外部環境の視点から ―
消費者は何をもとにECサイトを選択するのか
― 店舗選択行動の概念から ―
【英語セッション】
Competition VS. Collaboration
- The Importance of Organizational Management -
The Dilemma of Corporate Vision and Products Strategy in Mature Markets
- A study on the process How Japanese Electronics Companies Fall into Products Strategy Trap: From the Case of Flat Panel TV Department in three Japanese Major Electronics Companies -
問合せ
富山大学経済学部教授 内田 康郎
TEL:076-445-6464
E-mail: uchida@eco.u-toyama.ac.jp

ダイバーシティ研究環境実現シンポジウム
富山大学女性研究者支援の試み -各部局の現状と挑戦- <後編>

開催日時 2017年2月6日(月) 15時~17時
開催場所 富山大学 五福キャンパス(共通教育棟D11講義室)
同時配信: 富山大学 杉谷キャンパス(看護学科研究棟11講義室)
同時配信: 富山大学 高岡キャンパス(H棟 CALL教室)
概要

 富山大学は文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の採択を受け、さまざまな女性研究者支援活動に取り組んでいます。この度シンポジウムを開催し、基調講演に名古屋大学男女共同参画室准教授の三枝麻由美氏による基調講演と、富山大学の5学部の代表によるパネルディスカッションを開催し、富山大学における男女共同参画推進のための取り組みや課題をテーマに討論致します。このシンポジウムは一般公開で、参加費・事前申込みともに不要です。

【演題】
参加対象
本学教職員、一般 100名 ※参加費・事前申込み不要
プログラム
第1部 基調講演 15時05分~15時35分
演題:名古屋大学における男女共同参画の取組
講師:三枝麻由美氏(名古屋大学男女共同参画室 准教授)
第2部 パネルディスカッション 15時35分~16時55分
テーマ:男女共同参画-各部局の現状と挑戦
参加部局:人文学部、人間発達科学部、理学部、薬学部、芸術文化学部
問合せ
男女共同参画推進室
TEL:076-445-6146 FAX:076-445-6063
E-mail: smart@ctg.u-toyama.ac.jp

ダイバーシティ研究環境イニシアティブ(特色型)
富山大学女性研究者による「短期留学成果報告会」

開催日時 2017年2月6日(月) 13時30分~14時30分
開催場所 富山大学 五福キャンパス(共通教育棟D11講義室)
同時配信: 富山大学 杉谷キャンパス(看護学科研究棟11講義室)
同時配信: 富山大学 高岡キャンパス(H棟 CALL教室)
概要

 富山大学男女共同参画推進室は平成27年度より国際型女性研究者育成プログラムの一環として「女性研究者の短期留学助成金」を学内公募しております。
 昨年度は4名の女性研究者が上記プログラムで海外の先進的学術機関に短期留学しました。その貴重な経験を広く伝えていただくため、『短期留学成果報告会』を開催致し、杉谷・高岡両キャンパスにも同時配信致します。また、コメンテーターには国際経験豊かな名古屋大学准教授の三枝麻由美先生をお招きしています。この成果報告会は一般公開で、参加費・事前申込ともに不要です。留学にご興味のある皆様のご参加をお待ちしております。

【参加対象】
本学の学生、教職員、一般  ※参加費・事前申込み不要
【報告者】
1.人間発達科学部 教授 秋月 有紀
2. 薬学部 助教 河崎 優希
3. 和漢医薬学総合研究所 助教 条 美智子
4. 富山大学附属病院 診療助手 川﨑 裕香子
【プログラム】
13時35分~14時10分 各報告者による発表
14時10分~14時30分 総合討論
問合せ
男女共同参画推進室
TEL:076-445-6146 FAX:076-445-6063
E-mail: smart@ctg.u-toyama.ac.jp

2017年1月

     

「富山から考える震災・復興学」

開催日時 2017年1月31日(火) 16時30分~18時
開催場所 富山大学(五福キャンパス)・共通教育棟A42教室(4階)
概要

総合科目特殊講義「富山から考える震災・復興学」-最終回-
   公開授業
   特別ゲスト:新田 一郎氏
※一般の方、学生、教職員、どなたでも参加できます。

【プログラム】
16時30分~17時
   近藤 隆教授(医学部放射線基礎医学)
   テーマ:放射線と医療
17時~17時30分
   新田 一郎氏(富山県知事政策局長・兼・危機管理監、元総務省復旧復興支援室長)
   テーマ:あれからもう6年
17時30分~17時55分
   総合討議「もし富山で震災が起きたら」 
   司会:橋本 勝教授(教育推進センター)
17時55分~18時
   まとめと補講(志賀町野外実習2月14日)の案内
【共催】
平成28年度富山大学学長裁量経費支援事業
「全学一体で取り組む富山から考える震災・復興学と放射線情報発信」
問合せ
新里 泰孝(経済学部教授)
TEL:076-445-6424
E-mail: niisato@eco.u-toyama.ac.jp

第12回 「みんな起業家、集まらんまいけ!」(インキュベータ交流事業)

開催日時 2017年1月28日(土) 13時~18時
開催場所 富山大学(五福キャンパス)工学部総合教育研究棟(多目的ホール、11講義室)
概要
【趣旨】
インキュベータ交流事業「みんな起業家、集まらんまいけ!」は、県内のインキュベーション施設入居者や新しく事業への進出を目指す方の情報交流を促進し、入居企業の成長及び新規事業の創出を支援するために開催いたします。
(株)ABBALab 代表取締役 小笠原 治 氏の講演「共創と競争」、「プレゼン上手、集まらん まいけ!」企業PRコンテスト、交流懇親会を行います。
【対象者】
富山県内のインキュベーション施設入居者とその卒業生、起業家、学生、起業を目指している方等
参加無料
【申込方法、申込み先】
申込方法および申込み先については、 富山市新産業支援センターのウェブページ「平成29年1月28日(土)「第12回みんな起業家、集まらんまいけ!」を開催いたします。」にてご確認願います。
【申込期限】
企業PRコンテスト:平成28年12月28日(水)
企業カード:平成29年1月13日(金)
※講演会・企業PRの聴講及び、交流懇親会は当日まで受付致しますが、出来るだけ早いお申し込みをお願いします。
【スケジュール】
12時30分~ 受付開始
13時~ 開会
13時10分~14時40分  講演会 テーマ:「共創と競争」
 講師: 小笠原 治 氏 (株)ABBALab 代表取締役
14時50分~16時50分 プレゼン上手、集まらんまいけ!企業PRコンテスト
  • 14時50分~16時 PRタイム ※5分間×10社程度
  • 16時~16時30分 大学紹介
  • 16時30分~16時50分 結果発表・表彰
17時~18時  交流懇親会(参加費:1,000円) ※当日会場にて申し受けます。
18時 閉会
問合せ
富山市新産業支援センター(指定管理者 富山大学)
TEL:076-411-6131

北東アジアにおける資源の持続可能な利用

開催日時 2017年1月18日(水) 14時30分~17時
開催場所 富山大学五福キャンパス 黒田講堂会議室
概要

 極東地域研究センターは、人間文化研究機構が行っている地域研究「北東アジアにおける地域構造の変容」に、他の4大学・機関と共に参加しています。このプロジェクトの一環として、今回「北東アジアにおける資源の持続可能な利用」と題するシンポジウムを開催します。

【対象】
どなたでもご参加いただけます。(事前申込み不要、入場無料)
【プログラム】
14時30分~14時35分  挨拶・趣旨説明
 今村 弘子(富山大学極東地域研究センター長)
14時35分~15時15分  「韓国木材産業の発展と展望:産業組織論的アプローチ」
 金 世彬(韓国忠南大学) ※日本語による講演
15時15分~15時55分  “Study on China’s Forestry Policy and Wood Circulation System”
 孔 祥智(中国人民大学) ※通訳あり
15時55分~16時5分 休憩
16時5分~16時45分  「戦後日本の70年の木材需給と今日の森林の姿」
 永田 信 (東京大学)
16時45分~17時   「富山県産材の利用促進による森林資源の循環利用」
 清水 真人(富山県農林水産部参事)
問合せ
富山大学 極東地域研究センター
TEL:076-445-6430 FAX:076-445-6520
E-mail: kyokuto@eco.u-toyama.ac.jp

文化財修復に関する講演 「漆工文化財保存の理論と修理実例」

開催日時 2017年1月16日(月) 18時30分~20時
開催場所 富山大学芸術文化学部 講堂 (高岡キャンパス)
概要

 富山大学芸術文化学部では、室瀬 和美先生(重要無形文化財「蒔絵」保持者(人間国宝))を講師にお迎えし、文化財修復に関する講演会を開催します。
 今回の講演では、「漆工文化財保存と修理実例」と題し、文化財保存修復の概念、修復工程などを、修復事例を交えながら紹介して頂きます。
 文化財の保存修理に携わる人、これから志す人に多数受講していただき、文化財修復に関する考え方や技法を学んで頂ければ幸いです。

【講師】
室瀬 和美氏:重要無形文化財「蒔絵」保持者(人間国宝)
【受講人数】
100名程度
【受講料】
無料

 申し込みは不要ですので、直接会場までお越しください。

問合せ
富山大学 芸術文化学部総務課 総務・研究協力チーム
TEL:0766-25-9139

ページの先頭に戻る