イベント情報

2019年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

長期掲載

富山大学の研究を5時間で学ぶ講座

2019年3月

平成30年度富山大学学位記授与式

2019年2月

メディカルデザイン・ワークショップ
平成30年度ダイバーシティ研究環境実現シンポジウム ―現状と挑戦― PART Ⅱ「女性研究者を増やそう‼」
特別講演会「震災と復興 共生の目線から −被災者に寄り添うために−」

2019年1月

富山大学設備サポートセンター整備事業キックオフシンポジウム
都市デザイン学部 公開シンポジウム「共感と共創、学際融合教育の未来のカタチ −全学横断PBLの開講に向けて−」
市民公開講演会「未来を切り拓く放射線医療の最前線」
「経営支援セミナー」
平成30年度 生命融合科学教育部シンポジウム 神経科学が解き明かす動物の行動:機能の変容と疾患

長期掲載

富山大学の研究を5時間で学ぶ講座

開催日時 2019年2月9日(土)、2月16日(土)、3月2日(土)(各回14時~15時40分)
開催場所 富山大学五福キャンパス共通教育棟C棟C11教室
概要

富山大学の最新和漢薬研究について5時間でわかりやすく解説します。

【対象】
高校生以上(受講無料、教室で受講の方:事前申込み必要、ネットで視聴の方:事前申込み不要)
【講座概要】
第1回:2019年2月9日(土)
「認知症に挑む和漢薬研究:基礎から臨床へ」
東田千尋 和漢医薬学総合研究所 教授
第2回:2019年2月16日(土)
「漢方医学が支える健康~治療と研究」
渡り英俊 医学部 助教
第3回:2019年3月2日(土)
「和漢薬の資源科学研究と社会貢献」
小松かつ子 和漢医薬学総合研究所 教授
  • 詳細は、開催案内をご覧ください。
  • 開催案内 [PDF, 1.5MB]
問合せ
富山大学地域連携推進機構
TEL:076-445-6519

2019年3月

平成30年度富山大学学位記授与式

開催日時 2019年3月26日(火曜日)10時~(入場開始 9時30分)
開催場所 富山市総合体育館(富山市湊入船町12番地の1)
概要

平成30年度富山大学学位記授与式を、下記のとおり挙行しますのでお知らせします。

【卒業生・修了生の方】
式場は1階です。開始時刻(10時)までに入場し、着席してください。10時を過ぎると1階へは入場できませんので、時間に余裕をもってご来場願います。

平成30年度学位記授与式案内文 [PDF, 341KB]

【ご家族の方】
式場2階席に家族席をご用意しております。

【!】お願い

式場の富山市総合体育館駐車場は利用できません。ご来場の際は公共交通機関をご利用いただき、お車でのご来場はご遠慮ください。
近隣施設への迷惑駐車のないよう、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

問合せ
富山大学総務部総務・広報課
TEL:076-445-6011 FAX:076-445-6014
E-mail:soumuka@adm.u-toyama.ac.jp

2019年2月

メディカルデザイン・ワークショップ

開催日時 2019年2月22日(金)13時~16時
会場 富山西総合病院 2階多目的ホール
概要

 工業先進国である我が国において、例外的に輸入超過になっている=伸び代のあるのが医療・福祉機器の産業分野です。政府も「ライフイノベーションによる健康大国の実現」を国家目標に掲げています。
 医療・福祉機器の開発に関して、治療の現場でユーザーの潜在的ニーズを探索して医療福祉機器を開発する“バイオデザイン”と呼ばれるスタンフォード大学発の新しい手法が注目を集めています。富山大学大学院生命融合科学教育部博士課程では、この手法を採り入れたメディカルデザイン研究教育プログラムを開設しました。
 地域企業の皆様にこの手法に親しんでいただくため、現場観察実習を含む1-dayワークショップを2月22日午後に開催します。今回はリハビリテーション等で先進的な取り組みをしている富山西総合病院および富山西リハビリテーション病院で現場観察実習を行います。医療福祉機器分野で事業を展開中/参入を検討中の企業の開発者・経営者にお勧めします。

問合せ
富山大学大学院理工学研究部(工学) 田端 俊英(たばた としひで)
TEL:076-445-6742
E-mail:ttabata@eng.u-toyama.ac.jp

平成30年度ダイバーシティ研究環境実現シンポジウム ―現状と挑戦― PART Ⅱ「女性研究者を増やそう‼」

開催日時 2019年2月6日(水)16時~18時
会場 五福キャンパス共通教育棟D11講義室ほか(双方向遠隔システムを使用)
概要

 男女共同参画推進室では、平成30年度ダイバーシティ研究環境実現シンポジウム ―現状と挑戦― PART Ⅱ「女性研究者を増やそう‼」と題し、事業報告会を行います。
 第一部では女性研究者による短期海外留学報告会、第二部では各部局代表者によるパネルディスカッション「男女共同参画―各部局の現状と挑戦―」が行われます。
 本学教職員・学生・一般(参加無料・申込不要)が対象です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

問合せ
男女共同参画推進室(渡辺)
TEL:076-445-6083
FAX:076-445-6063
E-mail:niisato@eco.u-toyama.ac.jp

特別講演会「震災と復興 共生の目線から −被災者に寄り添うために−」

開催日時 2019年2月5日(火)16時30分~18時
会場 富山大学五福キャンパス 共通教育棟D21教室(2F)
概要
【演題】
震災と復興 共生の目線から −被災者に寄り添うために−
【講師】
鬼頭秀一(星槎大学 共生科学部・大学院教育学研究科教授)

一般の方、学生、教職員どなたでも参加できます。
「教養総合科目:富山から考える震災・復興学」の1回分を特別に公開するものです。

【共催】
平成30年度富山大学学長裁量経費支援事業
「全学一体で取り組む富山発の放射線に関する情報発信」
問合せ
TEL:076-445-6424(経済学部・新里)
E-mail:niisato@eco.u-toyama.ac.jp

2019年1月

富山大学設備サポートセンター整備事業キックオフシンポジウム

開催日時 2019年1月28日(月)14時
会場 富山大学 工学部 総合教育研究棟 多目的ホール
概要

 近年、全国の大学で研究設備の共用化・活用が促進されており、各大学で本事業の活発な取組みが行われています。本学においても、今年度文部科学省の採択を受け、研究設備の共用化を積極的に進めるとともに、人材育成や地域企業・近隣大学間との連携強化に取り組んでいます。
 当日は、文科省の基調講演及び他大学における活動実績、今年度からスタートした本学の活動状況について報告します。
 また、北陸地区の各大学(福井大学・金沢大学・富山大学・新潟大学・長岡技術科学大学)も交え、本事業をテーマに活発なパネル討論会を実施します。
 なお、シンポジウムの終了後には、情報交換会も予定しています。

問合せ
設備サポートマネジメントオフィス
TEL:076-445-6713
FAX:076-445-6986
E-mail:setubi@ctg.u-toyama.ac.jp

都市デザイン学部 公開シンポジウム「共感と共創、学際融合教育の未来のカタチ −全学横断PBLの開講に向けて−」

開催日時 2019年1月26日(土)13時~16時30分
会場 富山大学 五福キャンパス 総合教育研究棟(工学系)多目的ホール
概要

富山大学は、9つの学部を有する総合大学であり、社会の要請に応えるべく、その利を活かした学際融合教育を推進し、その機能を高めていくことが期待されている。
今年度新たに開設された都市デザイン学部は、全学のハブとして学際融合教育を推進するため、課題解決型学修プログラム「全学横断PBL」を平成32年度から開講する。この科目は、異なる学部の学生でチームをつくり、地域の課題解決に取り組むものである。この科目の開講に向けて、全学・外部のコンセンサス醸成を目的として、全学の学生・教職員及び地域の企業・社会人を対象としたシンポジウムを開催する。

問合せ
国立大学法人富山大学 都市デザイン学部 公開シンポジウム
事務:荒井
TEL:076-445-6918
FAX:076-445-6697
E-mail:tdesign@adm.u-toyama.ac.jp

市民公開講演会「未来を切り拓く放射線医療の最前線」

開催日時 2019年1月25日(金)13時~17時
会場 富山大学 五福キャンパス 理学部多目的ホール
概要

 富山大学では東日本大震災以後、放射線に関する情報発信講演会を開催して参りましたが、このたび、市民公開講演会「未来を切り拓く放射線医療の最前線」を開催いたします。
本講演会では、放射線医療をテーマとして、放射線の基礎から最新の診断・治療までをわかりやすく紹介いただきます。これにより、未来を考えるきっかけの一助になればと考えております。多数のご来場をお待ちしております。

【対象】
一般、学生、教職員(入場無料、事前申し込み不要)
問合せ
富山大学研究推進機構研究推進総合支援センター
生命科学先端研究支援ユニット アイソトープ実験施設
庄司 美樹
TEL:076-434-7190
FAX:076-434-5004
E-mail:tdesign@adm.u-toyama.ac.jp

経営支援セミナー

開催日時 2019年1月24日(木)18時30分~20時30分
会場 富山市新産業支援センター 4F 研修室 (富山大学五福キャンパス工学部敷地内)
概要

 少子高齢化の急速な進展で人手不足は深刻な状況です。政府主導で働き方改革が進められてはいるものの、日本の従来の「働き方」の価値観や意識の変革はこれからで、都市と地方では環境も違い、現代社会の生活にあった働き方をこれから地域で模索する必要があります。
本セミナーでは、テレワークの様々な効用を、歴史的経緯と多様化する社会の状況を踏まえながら、経営者・従業員双方の視点で、具体的な導入目的の掲げ方や注意点等について解説します。

【講演】
テレワークと働き方改革
国立大学法人富山大学 経済学部
教授 柳原 佐智子 氏
【対象】
中小企業者、創業者や起業家、インキュベーション入居者、起業家を目指す学生、経営に関して興味のある一般の方等
【募集人員】
40名(申込受付順)
【参加費】
無料
【申込方法】
下記の参加申込書を記入の上、E-mail又はFAXでお申し込みください。
E-mail:sinsangyo-ut@swan.ocn.ne.jp
FAX:076-411-7397
問合せ
富山市新産業支援センター(指定管理者 富山大学)
TEL:076-411-6131

平成30年度 生命融合科学教育部シンポジウム 神経科学が解き明かす動物の行動:機能の変容と疾患

開催日時 2019年1月11日(金)13時00分~17時45分
会場 富山大学 日医工オーディトリアム 杉谷キャンパス
概要

 大学院生命融合科学教育部・認知・情動脳科学専攻主催のシンポジウム「神経科学が解き明かす動物の行動:機能の変容と疾患」をテーマに開催します。
私達が生きる複雑な現代において、ヒトのこころの理解と、その変容としての心の病についての関心はとても高まっています。行動とこころの理解を探る神経科学には、疾患を理解して治療へと向かう応用の側面があります。本シンポジウムでは、この分野でご活躍されている学内外の6名の先生方にご講演いただきます。

【プログラム】
13時~13時10分
開会挨拶 豊岡 尚樹 富山大学 大学院生命融合科学教育部長
13時10分~13時45分
「右利き・左利きの発現メカニズム」
竹内 勇一 富山大学 大学院医学薬学研究部(医学) 解剖学講座 助教
13時45分~14時20分
「光で記憶を見る・操作する」
大川 宜昭 富山大学 大学院医学薬学研究部(医学) 生化学講座 講師
14時20分~14時35分 休憩
14時35分~15時20分
「恐怖記憶とその抑制を制御するカテコールアミン神経系の役割」
植松 朗 理化学研究所 脳神経科学研究センター
学習・記憶神経回路研究チーム 研究員
15時20分~16時5分
「睡眠覚醒調節と記憶の制御に関わる神経の活動記録と操作」
山中 章弘 名古屋大学 環境医学研究所
ストレス受容応答研究部門 教授
16時05~16:20 休憩
16時20分~16時55分
「遺伝子改変マウスの行動解析を起点とした精神疾患研究 -行動生理学というアプローチ」
高雄 啓三 富山大学 研究推進機構 研究推進総合支援センター 大学院医学薬学研究部(医学)行動生理学講座 教授
16時55分~17時40分
「うつ病の神経炎症仮説における神経回路の役割」
相澤 秀紀 広島大学 大学院医歯薬保健学研究科(医)
神経生物学講座 教授
17時40分~17時45分
閉会挨拶 一條 裕之 富山大学 大学院生命融合科学教育部 教授
問合せ
富山大学医薬系総務課
〒930-0194 富山市杉谷2630
TEL:076-434-7007
FAX:076-434-1463

ページの先頭に戻る