富山大学基金

富山大学基金へのご協力のお願い

日頃より富山大学の教育研究活動にご理解をいただき、また、格別のご支援を賜りまして深く感謝申し上げます。

富山大学が立地する富山県は、富山湾や立山連峰といった世界に誇る素晴らしい自然環境の中で、豊かな農業・水産業や工業製品・医薬品など多様な産業が盛んです。
本学は、平成17年10月に富山県内の三国立大学が再編・統合し、人文学部・人間発達科学部・経済学部・理学部・医学部・薬学部・工学部・芸術文化学部の8学部、和漢医薬学総合研究所・附属病院をあわせて10部局となり、全国屈指の総合大学として、新たな歩みを重ねております。現在は、学部生約8,200名、大学院生約1,200名が学び、約2,100名の教職員が活躍しています。
このように本学は、地域の資産に恵まれ、多様な教育・研究分野をもっております。
その使命は、教育・研究を通じて、地域の資産を活かし、発展に貢献し、課題に積極的に取り組むことであり、幅広い教養を身に付け日本さらには世界で活躍する職業人を輩出し、時代の課題に応える最先端の研究成果を発信することであります。

これまでも、富山大学は卒業生の皆様や地元企業等の皆様の多大なるご支援を受けてまいりましたが、この度、学生支援や教育研究支援等の一層の充実を図るため「富山大学基金」を創設いたしました。
この基金によりまして、本学独自の学生支援、教育研究支援、国際交流支援、社会貢献支援、キャンパス環境整備等の事業を推進し、富山大学の教育研究機能のさらなる強化と魅力づくりに努めてまいります。特に人材育成の強化を図るための具体的事項として、学生の修学支援、若手研究者の海外派遣支援、優秀学生の海外留学支援、生涯学習の充実支援について役立てていきたいと考えております。
経済状況が厳しい中ではございますが、本基金の趣旨にご理解を賜り、格別のご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

国立大学法人富山大学長
遠藤 俊郎

基金事業の内容

ご寄附いただいた基金で、本学が行う学生修学・教育研究等に係る各種事業の一層の充実を図ります。
基金の使途例:学生支援事業、教育研究支援事業、国際交流支援事業、地域社会貢献支 援事業、キャンパス環境整備等支援事業、その他

(参考)富山大学基金 ~ご支援・ご協力のお願い~ [PDF, 1.4MB]
(参考)富山大学基金 ~事業のご報告とご支援のお願い~ [PDF, 4.4MB]

このほか、経済的な理由により修学が困難な学生を支援するため「富山大学修学支援基金」を設置し、寄附を募っております。
富山大学修学支援基金

基金の管理運営方法

富山大学基金運営委員会を設置し、事業計画などを審議し、その決定に従って支出します。
公正・明瞭に管理運営を行います。
基金の使途等については、富山大学ウェブサイトで公表します。

寄附をお願いしたい金額

個人の皆様 1口
5,000円
法人の皆様 1口
10,000円

本基金の趣旨をご理解いただき、なにとぞ複数口のご協力をお願い申し上げます。
なお、1口未満であっても金額に関わらず申し受けます。

寄附金の申込み方法

寄附金の申込み方法は次のとおりです。

  1. 「寄附申込書」を下記よりダウンロード願います。
    寄附申込書 [PDF, 157KB]
  2. 「寄附申込書」に必要事項をご記入いただき、富山大学基金事務室までFAXまたは郵送でお送りください。
  3. 富山大学から富山大学基金趣意書及び専用の「振込用紙」を郵送いたしますので、指定金融機関からお振込みください。なお、振込手数料は本学が負担しますので、寄附者様のご負担はございません。
    ただし、その他の金融機関からお振込みいただく場合は、振込手数料が発生しますので、振込金額欄には、振込手数料を差し引いた金額を記入いただき、振込手数料と合わせてお振込み手続きをお願いします。この場合、振込手数料を含めた金額を寄附金としてお取扱いいたします。
    また、富山大学基金へのご寄附は何回でも可能です。ご寄附について、寄附者様ごとに累計して管理いたします。
  4. 寄附金の入金を確認させてただいた後、本学が発行する「寄附金受領証明書」をお送りいたします。
送付先
富山大学基金事務室
〒930-8555 富山市五福3190
Tel:076-445-6178
Fax:076-445-6014
E-mail:kikin@adm.u-toyama.ac.jp

税法上の優遇措置

富山大学基金への寄附金については、税制上の優遇措置が受けられます。
本学が発行する「寄附金受領証明書」を添えて、確定申告により手続きをお取りください。
なお、「寄附金受領証明書」は、寄附金の入金を確認させていただいた後にお送りいたします。

個人からのご寄附に対する措置

寄附金額が2千円を超える場合、その超えた金額が当該年の所得から控除されます。ただし、寄附金の額が総所得額の40%を上回る場合は、40%が限度となります。(所得税法第78条第2項第2号)

所得税の軽減額 =(寄附金額 - 2,000円)× 所得税の税率

さらに、寄附された翌年の1月1日に富山県内にお住まいの方は、県民税及び市町村民税の寄附金税額控除を受けることができます。2千円を超え総所得額の30%までの寄附金額に対し、県民税は4%、市町村民税6%を乗じた額が控除されます。(富山県税条例、県内市町村税条例)
富山県以外にお住まいの方は、それぞれお住まいの都道府県及び市町村により取扱いが異なりますので、お問合せ願います。

個人住民税の軽減額
県民税 = (寄附金額 - 2,000円)× 4%
市町村民税 = (寄附金額 - 2,000円)× 6%

富山大学修学支援基金へのご寄附による税制上の優遇措置については、こちらのページ(「富山大学修学支援基金」)をご覧ください。

法人等からのご寄附に対する措置

寄附金の全額を損金算入することができます。(法人税法第37条第3項第2号)

関連資料

ご寄附いただいた方への謝意

感謝の意を込めて顕彰等を行います。

ご寄附いただいた全ての皆さまへの謝意

  • お礼状を送付します。
  • 富山大学ウェブサイトや銘板に、寄附者様のご芳名を掲載します。(掲載しないことも選択できます。)

高額寄附者様への謝意

累計額500万円以上(個人は100万円以上)の高額なご寄附をいただいた方

  • 学長から感謝状を贈呈し、富山大学ウェブサイトに掲載します。(掲載しないことも選択できます。)
  • 寄附者様のご芳名を「富山大学基金銘板」に刻み、末永く顕彰させていただきます。

ご寄附に伴う個人情報の取扱い

ご寄附により取得した個人情報につきましては、本学からの寄附金受領証明書とお礼状の送付、寄附者様の顕彰に関する業務のほか、本学から寄附者様にご連絡する必要がある場合のみに利用します。

寄附者の皆様

ご寄附をいただいた皆様のご協力に感謝し、お名前の公開に同意いただいた皆様のご芳名を掲載させていただきます。

  •  個人名の記載を希望されない方は、匿名希望と掲載させていただきました。
  •  法人の方々も同様に掲載いたしました。

お知らせ

収支報告書

富山大学基金便り

富山大学基金事業学生海外留学支援プログラム

その他

特別なご寄附をご希望の場合は、基金事務室までご連絡願います。

富山大学基金に関するお問い合わせ先

富山大学総務部基金事務室
〒930-8555 富山市五福3190
TEL:076-445-6178
FAX:076-445-6014
E-mail:kikin@adm.u-toyama.ac.jp