学長メッセージ

National Center として、Regional Center として

富山大学長
遠藤 俊郎(えんどう しゅんろう)
Endo Shunro

 富山県は、北アルプスの山々から富山湾へ流れ出る日本一の水資源に支えられた豊かな自然や農林水産資源に恵まれ、また大伴家持の万葉文学以来の文化・教育の歴史・伝統、江戸時代からの薬業や伝統産業を基盤に発展した多彩な産業活動等、他の地域には見られない特色と豊かさにあふれる県です。北陸新幹線も開通し、さらに中国・韓国・台湾・ロシアなど海外への門戸も年々拡大され、薬都富山・ものづくり富山・教育県富山の存在は全国的にも益々注目されているところであります。

 富山大学は、2005年10月に旧富山大学・富山医科薬科大学・高岡短期大学の3大学の再編統合により発足し、本年2015年に統合10周年を迎える、新しい大型総合国立大学です。人文・人間発達科学・経済・理・工・医・薬・芸術文化という多様な教育研究分野をもつ8学部、和漢医薬学総合研究所、附属病院の計10部局を擁し、地域と世界の発展に寄与する基礎研究のみならず、東アジア地域をはじめ諸外国との交流を通じ、東洋と西洋の英知と科学の融合すなわち「知の東西融合」を目指しています。伝統的なくすり業の蓄積を基に世界の薬草を収集した民族薬物資料館は、こうした学術活動の成果の一端であり、東洋の知を求め続けた小泉八雲の蔵書「ヘルン文庫」は、「知の東西融合」を目指した象徴的存在であるといえます。

 法人化後の大学改革の流れの中で、3大学統合という全国唯一かつ最大の組織再編・改革を成し遂げましたが、富山大学にとって、地域・世界に貢献する人材育成と科学文化の進歩を創出する研究成果の追求は、変わることのない目標であり、責務であります。同時に3大学ならびに各学部の伝統とこれまでの実績を継承しつつ、統合によるスケールメリットを活かし、変化する時代を勝ち抜く力を確立し、地域社会や政財界の期待に応えていかねばなりません。我々に最も求められていることは、各自の持つ知識と技量を発揮するとともに、キャンパス・学部を越えて連携し、情熱を持って行動することだと考えます。

 科学・技術の目覚ましい進歩があり、大きく変化する時代の中で、時代の変化や流れを読みつつも、本当に必要なものは何か、大事なものは何かを見誤らずに、確固たる信念と明確な目標を持って、前に進む必要があります。新しい業績や情報を世界に発信するNational Centerとして、同時に地元に貢献できる知財と人材を提供するRegional Centerとしてその役割を果たし、教職員・学生諸君とともに新しいものを生み出す楽しさを感じながら、明るく元気に前進して参ります。

ページの先頭に戻る

式辞・挨拶

平成29年度

平成28年度

平成27年度

過去の学長式辞・挨拶一覧

学長と外部有識者等の対談

平成28年度

平成27年度