平成28年度9月期 学位記授与式 告辞

告辞

 本日、平成28年度9月期学位記授与式において、海外からの留学生21名を含め、学部卒業生14名、大学院修士課程修了生11名、同じく博士課程修了生18名、そして論文博士2名、合計45名の皆さんに学位記を授与いたしました。卒業生、修了生の皆さん,ご家族の皆様、ご卒業誠におめでとうございます。富山大学教職員を代表し、皆様に心よりお慶びを申し上げます。

 近年、世界・人類は、その歴史上類を見ない、複雑な時代を迎えています。グローバル社会の到来によって、人・物・情報は国・地域という枠組みを超えて移動し、相互の結びつきを強めながら発展を続けています。一方で、経済不安、紛争、自然災害などの社会課題が、世界規模で急激に拡散しています。このように既存の発想では解決が困難と思われる課題が山積する変化の時代、若い皆さんにかかる社会からの期待は皆さんが思う以上に大きなものとなっています。
 今日、富山はあいにくの天気です。富山は素晴らしい自然・環境・文化にあふれる町です。皆さんは富山で学び、富山で生活を共にした仲間です。今後皆さんは、それぞれのふるさとや世界の各地で、富山大学での学び・経験を十分に活かし、挑戦し、自身の思いを形にする人生を歩んでください。

 人間として、そして専門の知識・技能を有する者として、単なるスペシャリストとしてではなく、人を愛し、世界のあらゆる場所で活躍し、社会に貢献できるプロフェッショナルを目指して欲しいと強く願います。
 I hope you love people and do good job in the world, and will be an excellent professional, not just a specialist in the future.

 富山大学は、新しい業績や情報を世界に発信するNational centerとして、同時に地元に貢献できる知財と人材を提供するRegional Centerとして、その役割を果すため、発展の歴史を創出する努力を続けています。皆さんも、同窓生として、今後とも富山大学の発展のため、力添えやアドバイスをお願いします。Every body, Congratulation and Good Luck !

 以上、学長告辞といたします。

平成28年9月28日
富山大学長 遠藤 俊郎