学長ニュース 2015年・過去の活動記録

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年12月

全学男女共同参画ワークショップ2015に出席

 五福キャンパス黒田講堂会議室において、ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)「全学男女共同参画ワークショップ2015」が開催され、遠藤学長が出席、開会挨拶をしました。
 ワークショップでは、東京大学大学院の島津明人准教授を講師に迎え、「働きがいのある組織づくりに向けて:ワークエンゲイジメントに注目した新しいメンタルヘルス対策」と題した講義の後、本学教職員と一般参加者らがグループワークを行いました。
男女共同参画推進室

経済学部「特殊講義 キャリア・デザイン論」で講義

 経済学部の専門教育科目「特殊講義 キャリア・デザイン論」において、遠藤学長が講義を行いました。この授業はキャリアに関する正しい理解を得るとともに、キャリア・デザインを進めていく能力を身につけ、社会で通用する基礎能力を高めることを目的として開講されており、遠藤学長は「今を生き、未来を創る」と題して、学生らに自身のキャリアについて紹介しながらアドバイスなどを語りました。

第9回富山大学環境塾に出席

 第9回富山大学環境塾「気候変動による生態系の影響について考える」が黒田講堂ホールにて開催され、遠藤学長が開会挨拶を行いました。今回の環境塾は、来年5月に富山で主要7カ国及びEUの環境担当大臣会合が開催されることにちなみ、気候変動の状況とそれによって引き起こされている身近な生態系への影響について、市民と共に考える目的で開催されました。

ニュース:第9回富山大学環境塾を開催しました

医学教育等関係業務功労者表彰受賞者が学長に報告

 本学の職員2名が遠藤学長を訪れ、平成27年度医学教育等関係業務功労者表彰の受賞を報告しました。この賞は、文部科学省が、医学又は歯学に関する教育、研究若しくは患者診療等の補助的業務に対し、顕著な功労のあった者を毎年表彰するものです。平成27年度は、本学から医学部医学科免疫学技術専門員の廣田早苗さんと附属病院歯科口腔外科歯科衛生士の前田清美さんの2名が受賞しました。

立山研究会2015に出席

 理学部多目的ホールにおいて、「立山研究会2015」が開催され、遠藤学長が出席、開会の挨拶をしました。この研究会は、立山を中心とした高山帯の大気、雪氷、植生分野などの研究及び、それらの複合領域の研究について、相互の研究交流を行うことを目的として、本学大学院理工学研究部(理学)青木研究室の主催で開催され、県内外から立山に関する研究を行う多くの研究者が集まり、研究内容の発表等を行いました。

富山県インターンシップ推進協議会「就業体験発表会・特別講演会」に出席

 富山県インターンシップ推進協議会が主催するインターンシップ就業体験発表会・特別講演会が富山国際大学東黒牧キャンパスで開催され、遠藤学長が出席、協議会会長として挨拶を行いました。この発表会は富山県インターンシップ事業の一層の推進と拡大を図り、同時に学生の就業意識を一層向上させることを目的に例年開催されているもので、富山大学を含めた富山県内の各高等教育機関から7名の学生が自身のインターンシップ体験の発表を行いました。

「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ」キックオフ講演会に出席

 「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」キックオフ講演会、「大学躍進のチャンスとしての男女共同参画」が開催され、遠藤学長が出席、開会挨拶を行いました。
 この講演会は、本学が文部科学省平成27年度科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」に採択されたことを受けて開催され、講師に国立大学法人広島大学副学長の相田美砂子氏を招き、「大学で男女共同参画推進が必要な理由―広島大学の事例紹介と将来展望」と題してご講演いただきました。

ニュース:「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」キックオフ講演会を開催

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年11月

中国・河北医科大学前学長らが遠藤学長を表敬訪問

 中国の河北医科大学から温進坤(オン・ジンクン)前学長と田慶寶(デン・ケイホウ)国際教育学院長の2名が、遠藤学長を表敬訪問しました。お二人は、今回医学部再生医学講座において、研究打合せ、施設見学及びセミナーを行うとともに、表敬訪問を実施し、双方の今後の協力関係を深めることを目的として本学を訪れたものです。

中国・河北医科大学前学長らが遠藤学長を表敬訪問

平成27年度永年勤続者表彰式を開催

 平成27年度永年勤続者表彰式が開催され、遠藤学長から表彰式出席者に表彰状と記念品が授与されました。この永年勤続者表彰は、本学職員として20年以上継続勤務した者又は本学以外の大学、地方公共団体等から本学に引き続き勤務し、本学での10年以上の勤務と合わせて20年以上勤務した者を表彰するものです。

富山県との連携推進会議を開催

 五福キャンパス事務局において、富山県と富山大学との連携推進会議が開催され、本学からは遠藤学長はじめ各担当理事が出席しました。富山大学COC+事業を中心とした本学の地方創生への取り組みや、連携合意している事項(教育、産学官連携、医薬、災害対策、芸術文化、地域・まちづくり)について意見交換が行われました。

KAGRA実験施設第一期完成記念式典に出席

 五福キャンパス黒田講堂において、東京大学宇宙線研究所、高エネルギー加速器研究機構並びに自然科学研究機構国立天文台が、国内外のさまざまな研究機関・大学の研究者と共同で建設を進めてきた「大型低温重力波望遠鏡・KAGRA」の第一期実験施設完成の記者会見が行われました。
 会見後には、富山市内でKAGRA実験施設第一期完成記念式典が行われ、本学の遠藤俊郎学長が出席し来賓挨拶を行いました。
(写真は、記念式典に出席した遠藤学長〔左〕と五神 真 東京大学総長〔右〕)

大型低温重力波望遠鏡・KAGRA 第一期実験施設完成」記者会見が富山大学で行われました

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年10月

学長表彰の表彰状授与式を開催

 五福キャンパス事務局において学長表彰の表彰状授与式が開催され、受賞者に遠藤学長から表彰状と記念品が授与されました。今回の表彰は、芸術文化学部・平川さん(卒業生)及び同・西脇さんには学術研究活動の活躍に対して、男子バレーボール部並びにITFテコンドー部・武石さん及び同・アルッガマゲさんには課外活動の活躍に対し行われました。

学長表彰受賞学生の紹介

      

第8回とやまビジネスプランコンテストに出席

 五福キャンパス黒田講堂会議室で開催された「第8回とやまビジネスプランコンテスト」(主催:富山大学、富山市)に遠藤学長が出席、開会の挨拶を述べるとともに、審査委員長として県内の学生や会社員らの提案するビジネスプランを審査しました。学生部門では、本学大学院理工学教育部の同村健太さんの「介護用手すりの開発・販売」と、芸術文化学部3年生らの「高岡チョコアート計画」が優秀賞を受賞しました。

      

「たかおか共創ビジネス研究所」修了式に出席

 高岡市役所において「たかおか共創ビジネス研究所」の修了式が開催され、遠藤学長が出席、挨拶を述べました。「たかおか共創ビジネス研究所」は地域活性化人材の育成や、地域資源を活用した新しいビジネスプランの構築と実践を目的に、高岡市と富山大学が連携して実施しているもので、修了式では研究生として参加した地元の事業主からのプレゼンテーションが行われました。
 また座談会では、髙橋正樹高岡市長や本学の遠藤学長、鈴木理事らがパネリストとして参加し、「明日の高岡を形成する企業の力」をテーマに研究生らと意見交換を行いました。

たかおか共創ビジネス研究所

国際交流センター第33期外国人留学生日本語研修コース開講式に出席

 五福キャンパス黒田講堂会議室において、国際交流センター第33期外国人留学生日本語研修コース開講式が開催されました。出席した遠藤学長は研修コースに参加する留学生を前に激励の挨拶を述べました。

富山大学国際交流センター

富山大学統合10周年記念式典を開催

 本学の統合10周年を記念して、記念式典、記念講演及び祝賀会が開催されました。式典では遠藤学長が「大学の不変的な使命である“ひと”を育てる教育の力を発揮し、新領域を生み出す挑戦力をもって、さらなる飛躍を目指す」と式辞を述べました。
 また、本学卒業生の 坪島 広和 大連YKKジッパー社社長(演題『グローバル企業の海外での事業運営 今、求められる人材像』)と、蔡 少青 北京大学医学部薬学院教授(演題『世界の将来を担う人材をいかに育てるか』)がそれぞれ記念講演を行いました。

統合10周年記念式典

平成27年度10月期 富山大学入学式を挙行

 五福キャンパス事務局大会議室において、平成27年度10月記富山大学入学式を挙行しました。中国やミャンマー、インドネシア等からの留学生23名を含む、32名が入学し、遠藤学長は「より高いレベルでの文化的・科学的思考を身に付け,豊かな人間力をもち,新しい価値観で世界をリードするプロフェッショナルとして大きく羽ばたいていただくことを強く願います。」と式辞を述べました。

平成27年度10月期 入学式 学長式辞

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年9月

ラハティ応用科学大学長が遠藤学長を表敬訪問

 Outi Kallioinenラハティ応用科学大学長が遠藤学長を表敬訪問しました。今回、Outi Kallioinen学長は、10月1日に開催される富山大学統合10周年記念式典・祝賀会に出席するのを機に本学を訪れ、遠藤学長、畑中理事(国際担当)・副学長及び武山芸術文化学部長らと、双方の大学の特徴をはじめとして、学術・学生交流について意見交換を行いました。良好な関係のもと、更なる交流の発展が期待されます。

チェンマイ大学(タイ)一行が遠藤学長を表敬訪問

 チェンマイ大学の教員及び大学院生12名が、遠藤学長を表敬訪問しました。今回、一行は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)に採択されたことを機に、本学大学院理工学研究部における講義・実習や、企業見学・体験学習等を通じて、多くの学びの機会を得るとともに、今後の両大学のさらなる交流促進を目的として、本学を訪れたものです。

中国伝統薬物研究者一行が遠藤学長を表敬訪問

 中国伝統薬物研究者ら12名が、遠藤学長を表敬訪問しました。今回、一行は、第14回日本臨床中医薬学会学術大会に参加するのを機に、杉谷キャンパスの和漢医薬学総合研究所並びに関連部局の視察と、日中の研究者交流の促進を目的として本学を訪れました。表敬訪問では遠藤学長の歓迎の挨拶のあと、中医薬をはじめとした伝統医薬について意見交換を行いました。

平成27年度9月期富山大学学位記授与式を挙行

 五福キャンパス事務局大会議室において、平成27年度9月期富山大学学位記授与式を挙行しました。遠藤学長は卒業生・修了生らに学位記を授与し、「厳しく難解な時代であるからこそ、社会が若い皆さんにかける期待は大きなものとなっています。皆さんは、このような激動の時代の中で、大学生活やこれまでの人生で身に付けた知識・技量・経験を糧に、スペシャリストとして、また、一人の人間として、社会に羽ばたき、大いに活躍されることを願っています。」と告辞を述べました。

第32期外国人留学生日本語研修コース修了式に出席

 五福キャンパス黒田講堂会議室において第32期外国人留学生日本語研修コース修了式が開催され、遠藤学長が出席、挨拶を述べました。今期はアルジェリア、インドネシア、ベナン、アルバニア、中国の5か国からの留学生計6名が研修コースを修了しました。

退職者表彰式を挙行

 五福キャンパス事務局において退職者表彰式が開催され、遠藤学長から9月末で本学を退職する職員に表彰状が授与されました。

平成27年度 大学コンソーシアム富山FD&SD 研修会に出席

 五福キャンパス共通教育棟において、大学コンソーシアム富山FD&SD研修会が開催されました。研修会に先立ち、遠藤学長が「学生ばかりではなく、教員も質的に変わっていく必要がある」と挨拶を述べました。
 研修会では、大学コンソーシアム富山を構成している県内7機関に所属する教職員が出席し、教員の授業内容や教育方法などの改善・向上、職員の業務改善、サービスの向上に関する講義が行われました。

若手研究者等の学術交流・発表会

 五福キャンパス学生会館ホールにて、「富山大学若手研究者等の学術交流・発表会」が行われ、遠藤学長が出席、開会挨拶をしました。この学術交流・発表会は、学部を越えて異なる分野の若手研究者等が、それぞれの研究内容に対して様々な視点から意見交換を行う場として設けられ、研究活動の向上、共同研究に繋がる相互交流を図りました。

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年8月

「富山大学オープンキャンパス2015」保護者説明会を開催

 五福キャンパスではオープンキャンパスに合わせ、保護者のための説明会を開催し、午前の部では「学長と語る会」を実施しました。保護者からは、本学の学習・研究の環境についてや、入試動向についてなどの質問があり、遠藤学長は様々なエピソードを交えながら説明を行いました。

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年7月

富山大学基金事業 学生海外留学支援プログラム奨学生決定通知式を開催

 五福キャンパスにおいて、富山大学基金事業学生海外留学支援プログラムの平成26年度奨学生帰国報告会及び、平成27年度奨学生決定通知式が開催され、遠藤学長が出席しました。
 帰国報告会では、昨年度の奨学生3名が、留学先で学んだ成果について、寄附者や関係者、留学を希望する学生らの前で発表を行いました。続いて行われた奨学生決定通知式では、遠藤学長から今年度の奨学生6名(人文学部4名、経済学部2名)に通知書が授与されました。
 富山大学基金は平成24年度4月に設置され、昨年度から大学独自の修学支援策として本プログラムを実施しています。

富山大学基金

富山大学祭 学生代表が学長に挨拶

 10月に開催される富山大学祭の各キャンパス(五福・高岡・杉谷)運営委員会の学生代表らが遠藤学長を訪問し、今年度の大学祭についてテーマや企画等の説明を行いました。
 学長からは、大学祭を、地元とのつながりを大切にし、積極的に交流を図る機会として欲しいなどの、励ましの言葉がありました。

日本学術会議中部地区会議学術講演会に出席

 五福キャンパス黒田講堂会議室において、日本学術会議中部地区会議学術講演会「日本海地域の未来」開催され、遠藤学長が出席、開会の挨拶をしました。大西隆日本学術会議会長による「国土計画と日本海地域―過去、現在、未来」、本学の竹内章大学院理工学研究部(理学)教授による「日本海の生い立ちと海底資源」、本学の中島淑恵人文学部教授による「ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)とフランス~本学附属図書館「ヘルン文庫」から見えてくるもの」の学術講演が行われ、一般市民、大学関係者等約100名の参加があり、盛況裏に終了しました。

富山大学同窓会連合会総会に出席 

 富山電気ビルにおいて富山大学同窓会連合会の総会が開催され、遠藤学長が出席しました。
 総会では第8回ホームカミング・デーの開催など本年度の事業計画を決定した他、記念講演会では「『平家物語』に遊ぶ」と題して、本学卒業生で元富山県立図書館長の鷲本義昌氏による講演が行われました。

新任教員研修にて講話を行う 

 五福キャンパス黒田講堂会議室において新任教員研修が開催され、遠藤学長が出席、講話を行いました。この研修は新任教員を対象に、本学の理念と目標の理解、そして職員として必要な基礎知識及び学生指導のための基礎知識の習得を目的に開催され、今回は約40名の新任教員が参加しました。
 研修の中では学長講話の他、研究費の適正な執行やハラスメント防止対策について、講義が行われました。

生協学生委員による学長インタビュー 

 五福キャンパス事務局において、富山大学生協学生委員会のメンバーらによる遠藤学長へのインタビューが行われました。緊張した面持ちで臨む学生らに対し、学長から逆に大学生活について質問するなど、和やかなインタビューとなりました。今回のインタビューの内容は、学生らが取りまとめ、オープンキャンパスで配布予定の生協発行の冊子「オープンキャンパス2015」に掲載されます。

「富山第一銀行奨学財団の集い」に出席 

 富山第一銀行奨学財団の集いが開催され、遠藤学長が出席しました。本年度、本学では15件(総額1,000万円)が同財団研究助成に採択されました。当日は、同財団の金岡理事長より研究助成目録が贈呈され、機関側を代表して遠藤学長が謝辞を述べました。
 遠藤学長は挨拶の中で,「これまで31年間にわたって,分野に関わらずご支援いただいたことに感謝したい。また,これからも引き続き学術発展のためにご協力いただきたい」と述べました。

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年6月

男女共同参画推進シンポジウムに出席 

 五福、杉谷、高岡の3キャンパスで男女共同参画推進シンポジウム「世界で活躍する人のための男女共同参画の推進」が開催され遠藤学長が出席、開会の挨拶を述べました。シンポジウムでは、市田蕗子学長補佐による基調講演、文部科学省の藤江陽子男女共同参画学習課長による特別講演が行われ、パネル討論では「富山大学における男女共同参画の今後の展望」について意見が交わされました。

富山大学名誉教授の会 平成27年度総会に出席 

 富山大学名誉教授の会 平成27年度総会が富山電気ビルディングにおいて開催され、遠藤学長が出席しました。総会後には本学教員による講演会や懇親会も開催され、出席者と意見交換しながら和やかなひとときを過ごしました。

富山県留学生等交流推進会議に出席 

 五福キャンパス事務局において富山県留学生等交流推進会議が開催され、遠藤学長が出席しました。会議には県内他大学や県の関係者が出席し、留学生の就職支援や人材雇用について協議が行われた他、留学生活や地域との交流について委員と各大学に在籍する留学生の間で座談会の場が設けられました。

津波防災科学シンポジウムに出席 

 2015年6月19日、津波防災科学シンポジウムが五福キャンパス学生会館で開催され、遠藤学長が出席、挨拶を述べました。本シンポジウムでは津波の防災や、減災に関して国内の専門家を招き、基礎的な知識を深めました。

ミャンマー研修団が表敬訪問 

 ミャンマー保険省のウィン・テイ・アウン伝統医療局副局長を団長とした研修団が五福キャンパスを訪れ、遠藤学長を表敬訪問しました。
 本学とJICA及びミャンマー保険省は昨年、JICA草の根技術協力事業の共同実施について合意しており、本学和漢医薬学総合研究所では同事業に関連して6月26日にミャンマーからの研修団を受け入れ、国際シンポジウムを開催する予定です。

駐日ルーマニア大使が富山大学を表敬訪問

 6月10日、ラドゥ・シェルバン駐日ルーマ二ア特命全権大使が五福キャンパスを訪れ、遠藤学長を表敬訪問しました。同大使は、外務省と富山県が共催で実施した14か国の駐日各国大使らによる富山県視察で来県し、竹内富山ルーマニア友好協会理事長らとともに、五福キャンパスを訪れました。
 一行は、遠藤学長、畑中理事・副学長及び近藤学長補佐らと、ルーマニア、富山県双方の産業の特徴や文化名所などについて懇談しました。また、本学で受け入れている留学生及び研究員などルーマニア関係者も同席し、学術・学生交流について意見交換を行いました。今回の訪問がきっかけとなり、ルーマニアと富山県及び富山大学との交流が深まることが期待されます。

富山大学基金事業海外学生留学支援プログラム 奨学生帰国報告会を実施

 五福キャンパス事務局において昨年8月に採択を行った富山大学基金事業海外学生留学支援プログラムの奨学生から帰国報告を受けました。富山大学基金は平成24年4月に設置され、昨年度から具体的な大学独自の修学支援策として本プログラムが策定されました。
 報告会ではモンゴル及びスペインに留学した奨学生から現地での研究や生活について報告を受けました。

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年5月

富山県と富山大学との連携に関する知事と学長の会談を開催

 富山県庁において富山県と本学との連携に関する県知事と学長の会談が開催されました。本学からは遠藤学長の他、神川理事・副学長、鈴木理事・副学長が出席し、富山県からは石井知事、渋谷教育長、山崎知事政策局長が出席しました。
 この会談は2010年9月に本学が開催した地域連携事業 コラボフェスタ2010で学長と県知事が出席したシンポジウムにおいて、両機関のトップ同士が率直に議論できる機会を作りたいという提案があり実現されたもので、2011年から毎年開催されています。
 会談では教育、産学官連携、医薬関係、災害対策、芸術文化関係、地域・ものづくりの6つのテーマについて具体的な意見が交わされました。

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年4月

ハワイ大学マウイカレッジの一行が表敬訪問

 2015年4月27日、遠藤学長はハワイ大学マウイカレッジ一行の表敬訪問を受けました。ハワイ大学マウイカレッジとは2014年5月に大学間交流協定を締結しており、今後、研究者や学生、学術情報の交換を含めたますますの交流が期待されます。

富山大学工学部創立70周年及び新講義棟竣工記念式典に出席

 2015年4月24日、富山大学工学部創立70周年及び新講義棟竣工記念式典が工学部総合教育研究棟多目的ホールで開催され、遠藤学長が出席、開会の挨拶を述べました。新棟は今年1月に完成し、学生の教育研究施設として、高度で多様な教育プログラムを実践するとともに、産学官の協働拠点としての役割を担います。

学長表彰を開催

 五福キャンパス事務局において学長表彰が開催され、表彰者に遠藤学長から表彰状と記念品が授与されました。今回の表彰は、第55回北陸吹奏楽コンクールにて金賞を受賞し、北陸代表として第62回全日本吹奏楽コンクール全国大会に出場した吹奏楽団の功績に対し行われました。

新人職員に講話を行う

 平成27年度富山大学フレッシュ職員研修が始まり、遠藤学長が新規採用の職員を前に、自身の経験を踏まえ、講話を行いました。今回の職員研修は3日間の日程で行われ、各部の業務説明の他、富山大学の歴史に関する講義や3キャンパスの見学が行われます。

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年3月

退職者表彰式を挙行

 五福キャンパス事務局において退職者表彰式が開催され、3月末で本学を退職する丹羽理事、平井理事、井上理事の3名に遠藤学長から表彰状が授与されました。

平成26年度学位記授与式に出席

 2015年3月24日、平成26年度富山大学学位記授与式が富山市総合体育館において挙行され、遠藤学長から卒業生・修了生に学位記が授与されました。遠藤学長は告辞の中で「出会い、共に生きる人々への優しさ、支え合う心を大切にし、平和で幸せな生活を築いてください。」とメッセージを送りました。

銘傳大学と大学間学術交流協定締結

 2015年3月21日、台湾・銘傳大学との大学間学術交流協定の調印式が行われました。調印式には富山大学から、遠藤学長、中村経済学部長ほか計4名、銘傳大学から、李学長ほか多数が出席して行われました。
 銘傳大学は中国語教育に関する複数のプログラムを有するほか、アジアの大学で初めて教員及び教育サービスの質を証明する米国MSCHE(中部地域高等教育委員会)の認定を受けた大学であり、米国にもキャンパスを有しています。今後、経済学部、理学部、工学部を中心に幅広い研究・学生交流を推進していく予定であり、今回の協定締結を機に更なる教育研究交流の推進が期待されます。

学長表彰を開催

 五福キャンパス事務局において学長表彰が開催され、表彰者に遠藤学長から表彰状と記念品が授与されました。今回の表彰は剣道部及び陸上競技部学生の功績に対し行われました。

男女共同参画推進講演会に出席

 五福キャンパス黒田講堂会議室において男女共同参画推進講演会「『脳力経営』~ダイバーシティと組織の発展について~」が開催され遠藤学長が出席、開会の挨拶を述べました。講演会では三州製菓株式会社の斉之平伸一代表取締役社長による基調講演が行われ、出席した本学教職員は男女共同参画の観点から、個別の強みを活かし支え合える組織となるためのマネジメントについて理解を深めました。

退職者表彰式に出席

 五福キャンパス事務局において退職者表彰式が開催され、遠藤学長が出席、祝辞を述べました。式には今年度を以て退職となる各キャンパスの教職員が集まりました。

韓国ITER機構長一行が富山大学を表敬訪問

 2015年3月13日、遠藤学長は韓国ITER機構のジュン・キジュン機構長一行の表敬訪問を受けました。韓国ITER機構と本学水素同位体科学研究センターは2014年11月7日に部局間協定を締結しており、今回は今後の共同研究についての打合せのために本学を訪れたものです。

障がい学生支援FD研修会に出席

 2015年3月10日、障がい学生支援に関するFD研修会が共通教育棟で開催され、遠藤学長が出席、開会の挨拶を述べました。研修会には各キャンパスの教職員が出席し、保健管理センターや学生支援センターの講師が発達障がい学生への支援や実際の取り組みについて講義を行いました。

テニュアトラック制度国際シンポジウムに出席

 2015年3月4日、本学理学部多目的ホールにてテニュアトラック制度国際シンポジウムが開催され、遠藤学長が出席、開会の挨拶を述べました。シンポジウムでは本学教員に加え、国内外の大学の教員による発表やポスターセッションが行われました。

第4期魚津三太郎塾開講式に出席

 2015年3月2日第4期魚津三太郎塾の開講式が魚津市役所で行われ、遠藤学長が出席しました。魚津三太郎塾は企業人育成を通じた産業振興を目的に2011年から開始され、塾生のアイデアを具体的なビジネスに結び付けるため産学官と金融機関が連携して支援します。

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年2月

タイ・コンケン大学薬学部の表敬訪問を受ける

 タイ・コンケン大学薬学部の学生と教員一行が遠藤学長を表敬訪問しました。科学技術分野での交流促進を目的とする独立行政法人科学技術振興機構(JST)の「日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)」に採択され実現した今回の訪問は、2月25日から3月2日までの日程で行われ、一行は本学和漢医薬学総合研究所で漢方に関する講義や研究に取り組むとともに、市内の施設見学も行いました。

たかおか共創ビジネス研究所(第2期)の開講式に出席

 2015年2月17日、高岡キャンパス大会議室において、たかおか共創ビジネス研究所の開講式が行われ、遠藤学長が出席、挨拶を述べました。今回が第2期となるたかおか共創ビジネス研究所では地域企業、金融機関、行政、大学が早い段階から地域課題を共有し、課題解決に資する地域活性化プロジェクトの立案を行うThink tank機能とともに、地域企業が立案したプロジェクトを自ら行動するDo Tank機能を協働して育みます。

ファーマ・メディカルエンジニア養成プログラム公開シンポジウムに出席

 2015年2月6日、五福キャンパス黒田講堂において、地域の産学官が連携するファーマ・メディカルエンジニア(PME)養成プログラムの第1回公開シンポジウムが開催され遠藤学長が出席、開会の挨拶を述べました。
 本学では先進医療や創薬・製薬を支えるため、医師・看護師・薬剤師と医療機器・材料、製薬機器や医療品の開発に関わる企業との間に立ち、速やかに課題に対応できる人材をファーマ・メディカルエンジニア(PME)と呼び、その養成に取り組んでいます。シンポジウムでは外部講師による基調講演の後、会議室を使ったポスターセッションや講演が行われました。

ページの先頭に戻る

2015年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2015年1月

文部科学大臣優秀教職員表彰受賞者が遠藤学長を表敬訪問

 2015年1月29日、本学人間発達科学部附属小学校の橋本大一郎主幹教諭が遠藤学長を表敬訪問しました。橋本教諭は今年度、学校教育における実践等に顕著な成果を挙げた者として文部科学大臣優秀教職員表彰を受賞し、今回はその報告となりました。県内の理科教育の充実に向けて顕著な実践力と指導力を発揮するとともに、研究実践の中核を担ったことが今回の受賞理由となりました。

本学ボランティアサークルが遠藤学長を表敬訪問

 本学ボランティアサークル MEETSが遠藤学長を表敬訪問しました。同サークルには今年初め、富山西警察署長よりその多年にわたるボランティア活動に対して感謝状が贈呈され、今回はその報告となりました。
 同サークルは表彰された自転車の鍵かけ運動の他、五福地区、富山駅周辺でのゴミ拾いや地域イベントでのお手伝いなど、精力的に活動しています。

3キャンパスで新年の挨拶

 仕事始めとなった2015年1月5日、遠藤学長は高岡、杉谷、五福の各キャンパスを回り、教職員に新年の挨拶を述べました。遠藤学長は挨拶の中で、「各々の役割は異なっても、富山大学の継続的発展のため、自身の責務は何か、役割を果たすため何を為すか、各々が考え行動していただくことを熱望します。」と教職員への協力を呼びかけました。

ページの先頭に戻る