学長ニュース

2018年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2018年2月

一般入試前に歩道の除雪

スコップを手に除雪する遠藤学長の写真 遠藤学長は職員と共に、明後日から始まる一般入試前期日程のために、五福キャンパス前の歩道の除雪を行いました。

日差しが届かない所の雪は踏みしめられて氷の塊となっており、受験生が安全に試験場へ入場できるよう、市電の駅から正門までの歩道を除雪しました。

文部科学教育通信のインタビュー取材を受ける

インタビューを受ける遠藤学長の写真 遠藤学長は文部科学教育通信からの依頼によりインタビュー取材を受けました。富山大学の将来構想や都市デザイン学部設置等について、丁寧に説明しました。

インタビュー記事は、4月9日号の文部科学教育通信に掲載されます。

第59次日本南極地域観測隊帰国報告

杉浦准教授とおみやげを手にし写真に納まる遠藤学長の写真 第59次日本南極地域観測隊に参加していた本学の極東地域研究センター杉浦幸之助准教授が遠藤学長を訪れ、南極での活動の様子について報告しました。

杉浦准教授は、昭和基地が例年よりも暖かく雨が降っていたことなど南極の温暖化を感じたことや、雪や氷の面白い材料を集めてきたので学生たちに見せたいと今後の授業への意気込みを語りました。

富山県総合計画審議会答申

挨拶をする遠藤学長の写真 遠藤学長は、富山県総合計画審議会の会長職務代理者として、会長の永原北陸電力相談役と共に県庁を訪れ、石井知事に新しい総合計画「元気とやま創造計画 -新幹線時代の新たな挑戦-」を答申しました。

新しい総合計画では2026年度を目標年次とし、重要政策として「人づくり」等が盛り込まれました。

「ファーマ・メディカルエキスパートの養成とメディカルデザイン」シンポジウム

挨拶をする遠藤学長の写真 遠藤学長は、五福キャンパスで開催された、ファーマ・メディカルエンジニア (PME) 養成プログラムと生命融合科学教育部の共催シンポジウム「ファーマ・メディカルエキスパートの養成とメディカルデザイン」に出席し開会の挨拶をしました。

このシンポジウムは、理工学教育部の PME 養成プログラムと生命融合科学教育部が連携して、医薬品製造や医療・福祉機器開発分野の人材育成やシーズ開発に寄与することを目指し開催されました。

平成29年度 ALL 富山 COC+ シンポジウム「富山発地方創生」

挨拶をする遠藤学長の写真 五福キャンパス黒田講堂にて、ALL 富山 COC+ シンポジウム「富山発地方創生」が開催され、遠藤学長が出席、挨拶をしました。

シンポジウムでは、COC+ 事業(地域人材育成、地元就職支援等)の3年目として中間報告が行われるとともに、企業による地方創生の取組の紹介、地方創生のための人材育成と地域定着をテーマとしたパネルディスカッションが行われました。

ページの先頭に戻る

2018年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月

2018年1月

奨学生帰国報告会

挨拶をする遠藤学長の写真 帰国報告を聞く遠藤学長らの写真 五福キャンパスにおいて、富山大学基金事業学生海外留学支援プログラムにて奨学金を受給され留学を終えた学生の帰国報告会が行われ、遠藤学長が出席し挨拶を行いました。 報告会には教職員や学生ら45名が参加し、イギリス、ニュージーランド、タイに留学した学生3名から、留学内容や留学先における成果についての報告や質疑応答が行われました。

同窓会連合会正副会長会議

挨拶をする遠藤学長の写真 遠藤学長は五福キャンパスで開催された、富山大学同窓会連合会正副会長会議に名誉会長として出席しました。

同会議は各学部の同窓会会長が一同に会し、同窓会連合会の諸事項を話し合うもので、今回の会議では会計や総会記念講演者等の報告と、同窓会連合会10周年基金等について審議されました。

文部科学省富山県人会

乾杯の発声の前に挨拶をする遠藤学長の写真 遠藤学長は東京都内で開催された文部科学省富山県人会に出席し、乾杯の発声をしました。会には石井富山県知事や富山ゆかりの文部科学省職員ら約70名が出席し親睦を深めました。

3キャンパスで新年の挨拶

遠藤学長は高岡、杉谷、五福の各キャンパスを廻り、教職員に新年の挨拶を述べました。遠藤学長は挨拶の中で、今年の4月から始まる教養教育の一元化や都市デザイン学部の開設などに触れ、富山大学の継続的発展に向けて、教職員の協力を呼びかけました。

2018年 新春のご挨拶

ページの先頭に戻る