現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)

文部科学省が、各大学における大学改革への取組を推進するために、現代的なニーズに対応した大学の優れた取組を選定・支援する事業として平成16年度からスタートさせたものです。選定された取組には財政支援を行うとともに、成果を広く社会に情報提供し、他大学の参考になることを通して、高等教育の活性化を促進することを目的としています。

文部科学省 現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)

平成19年度採択分

地域活性化への貢献(広域型)

取組担当者
富山大学芸術文化学部
小松研治、前田一樹、近藤潔、秦 正徳、小堀孝之、長山信一、渡辺康洋、伊東多佳子、渡辺雅志
取組名称
出会い・試し・気づき・つなぐ芸術文化教育 -ものに語らせる連鎖型創造授業-

平成19年度採択 現代GP(芸術文化学部)ウェブサイト