平成29年度9月期 学位記授与式 告辞

告辞

 本日、平成29年度9月期学位記授与式において、海外からの留学生17名を含め、学部卒業生17名、大学院修士課程修了生15名、博士課程修了生11名、及び論文博士2名、合計45名の皆さんに学位記を授与いたしました。卒業生、修了生の皆さん、ご家族の皆様、ご卒業誠におめでとうございます。富山大学教職員を代表して、皆様に心よりお慶びを申し上げます。

 人類は、科学・情報技術の飛躍的な進歩が生み出した大きな便利さや豊かさを手に入れてきました。一方で、環境破壊や経済格差など、これまで経験したことのない世界規模の様々な課題に直面しています。皆さんは、それぞれの学問分野において、日々研鑽を積み、知識を深め、今新しい世界へ踏み出す出発点に立っています。これからの社会では、絶えず流動する世界の諸課題に対応するため、これまで以上に「汎用性」「柔軟性」を備えた広い視野と、豊かな人間力を磨いていかねばなりません。
 単なる専門領域のスペシャリストではなく、人を愛し、社会に貢献できるプロフェッショナルとして、新しい時代を切り開いてください。
 I hope that you love people and do good job in the world, and will be an excellent professional not just a specialist in the future.

 富山大学は、新しい業績・情報を世界に発信するNational centerとして、同時に地元に貢献できる知財と人材を提供するRegional Centerとして、発展の歴史を重ねています。富山は素晴らしい自然・環境・文化があふれる町です。そのような富山の地・富山大学で、世代、国籍を超えて多くの仲間と出会い、共に学び、過ごし、大学生活を送られたことは、皆さんにとって大切な思い出であり、人生の糧となることでしょう。皆さん、これからも富山で、あるいはふるさとや世界の各地で、元気に、夢の実現に向けた挑戦の人生を歩んでください。Everybody Good Luck!

平成29年9月28日
富山大学長 遠藤 俊郎