海外来訪・訪問情報(2023年度)

2023年11月22 日- 11月28 日
齋藤滋富山大学長がハサヌディン大学、ジェンデラル・ソディルマン大学、モナッシュ大学マレーシア校、トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学及びマラ工科大学を表敬訪問

2023年11月22日から28日の間、齋藤滋富山大学長、池田真行理事、林篤病院長、張勁学長補佐、松田恒平理学部長、中川崇医学部副学部長、早川芳弘和漢医薬学総合研究所長及び国際課職員2名は、大学間学術交流協定の締結及び富山大学リエゾンオフィスの開所等を目的にインドネシア及びマレーシアを訪問しました。
11月23日、齋藤学長一行は、インドネシア・ハサヌディン大学を訪問しました。
ハサヌディン大学は、1956年に設置された国立大学であり、2002年に旧富山医科薬科大学との間で大学間学術交流協定を締結して以降、本学和漢医薬学総合研究所が中心となって、研究者交流や学生交流を進めています。

              ハサヌディン大学において齋藤学長一行とハサヌディン大学の皆様との記念撮影



今回、齋藤学長一行は、Jamalauddin Jompa学長、Adi Maulana副学長, Subehan副学長, Farida Patittingi副学長を表敬訪問し、
戦略的パートナーシップとして、これまで培ってきた研究者交流及び学生交流をさらに深めていくことについて、意見交換を行いました。

                                        齋藤学長一行とハサヌディン大学の皆様との意見交換



表敬訪問後、齋藤学長一行は、ハサヌディン大学薬学部を訪問しました。現在、ハサヌディン大学Subehan副学長(前薬学部長)は、2022年に富山大学リエゾンプロフェッサーに委嘱され、本学とハサヌディン大学の国際交流のために活躍いただいており、Subehan副学長の研究室において、富山大学リエゾンオフィスに関する覚書を締結し、富山大学リエゾンオフィスを設置しました。

                  ハサヌディン大学薬学部前において齋藤学長一行歓迎の横断幕 

                           富山大学リエゾンオフィスに関する覚書の締結
                                                                                                 左からSubehan副学長、齋藤学長

                                                    富山大学リエゾンオフィス開所                              
                                                                                                    左からSubehan副学長、齋藤学長

 

11月24日、齋藤学長一行は、インドネシア・ジェンデラル・ソディルマン大学を表敬訪問しました。
ジェンデラル・ソディルマン大学は、1960年に設置された国立大学であり、12学部、学生数約22,000人からなる総合大学です。本学張学長補佐がジェンデラル・ソディルマン大学Roy Andreas数学・自然科学部副学部長と長年にわたって共同研究を行ってきており、2022年にRoy Andreas副学部長が富山大学リエゾンプロフェッサーに委嘱された経緯もあり、今回、ジェンデラル・ソディルマン大学との大学間学術交流協定の締結及び富山大学リエゾンオフィスの開所を行うこととなりました。

                     ジェンデラル・ソディルマン大学数学・自然科学部において                             
                                                               左から、松田理学部長、張学長補佐、齋藤学長、池田理事、中川医学部副学部長、西尾国際課長

ジェンデラル・ソディルマン大学数学・自然科学部では、歓迎の横断幕が掲げられ、Budi Pratikno学部長をはじめ、数多くの先生方が齋藤学長一行を出迎え、今後の国際交流について活発に意見を交わしました。

                       ジェンデラル・ソディルマン大学数学・自然科学部での意見交換の様子

数学・自然科学部での意見交換の後、富山大学リエゾンオフィス開所が行われました。ジェンデラル・ソディルマン大学に開所した富山大学リエゾンオフィスは、数学・自然科学部内に新しくオフィスを設けていただいたものです。

                                                      富山大学リエゾンオフィス開所式
                                                                                                           テープカットする齋藤学長

 

                                             富山大学リエゾンオフィスの様子
                                                                                              左から富山大学リエゾンプロフェッサーRoy Andreas副学部長、
                                                                                              齋藤学長、池田理事、Budi Pratikno学部長、張学長補佐


富山大学リエゾンオフィスの開所後、ジェンデラル・ソディルマン大学学長公舎において、大学間学術交流協定の締結と富山大学リエゾンオフィスに関する覚書の締結を行いました。

                                                                      大学間学術交流協定の締結
                                                                                                             左からAkhmad Sodiq学長、齋藤学長

                                               富山大学リエゾンオフィスに関する覚書の締結
                                                                                                左からBudi Pratikno学部長、齋藤学長

齋藤学長とAkhmad Sodiq学長は、引き続き、今後の交流について意見交換を行いました。この意見交換には、ジェンデラル・ソディルマン大学から副学長、各学部長ら約50名が出席し、本学との交流について、数多くの質問が寄せられ、齋藤学長と池田理事が中心となって、質問に応じました。本学への関心も高く、今後の交流が期待されます。

                                         ジェンデラル・ソディルマン大学の皆様との意見交換の様子

 

11月25日、齋藤学長一行は、インドネシアからマレーシアへと移動し、11月26日、モナッシュ大学マレーシア校を訪問しました。モナッシュ大学マレーシア校は、オーストラリアに本部を持ち、9,300人以上の学生を有する総合大学です。本学理学部とモナッシュ大学マレーシア校は、2016年に部局間学術交流協定を締結しており、松田理学部長は、長年、モナッシュ大学マレーシア校Medicine and Health Sciencesの曽我朋子准教授、小川諭准教授と共同研究を進めていた経緯から、この訪問が行われました。

                                                                                  モナッシュ大学マレーシア校にて
                                                                                  左から西尾国際課長、中川医学部副学部長、齋藤学長、曽我准教授、
                                                                                  小川准教授、松田理学部長、張学長補佐

訪問した11月26日は、モナッシュ大学マレーシア校の卒業式が行われており、キャンパス内は卒業生とその家族で賑わっていました。

                                モナッシュ大学マレーシア校曽我准教授、小川准教授との意見交換

モナッシュ大学マレーシア校の打合室において、齋藤学長一行は、松田理学部長による先方との交流状況の紹介に始まり、張学長補佐からの研究等の紹介、中川医学部副学部長からは海外の臨床実習に関する相談等、活発な意見交換が行われました。その後、モナッシュ大学マレーシア校Medicine and Health Sciencesの見学や学生宿舎の見学も行いました。
モナッシュ大学マレーシア校の教育環境は素晴らしく、今後、本学学生の留学先となることが期待されます。

                  モナッシュ大学マレーシア校Medicine and Health Sciences見学の様子

11月27日、齋藤学長一行は、マレーシア・クアラルンプール北のカンパーにあるトゥンク・アブドゥル・ラーマン大学を訪問しました。
トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学は、2002年に設立され、学生数は約25,000人を有するマレーシア国内でも大規模私立大学です。本学とは、2016年に大学間学術交流協定を締結しており、本学学生の英語研修先となっています。今回、2024年度から本学理学部に新設される国際コースと医学部生の海外臨床実習の研修先としてトゥンク・アブドゥル・ラーマン大学と協議を重ねてきましたが、対面で学長をはじめ、担当者らと検討するために訪問しました。

 

                                                                                                                   キャンパス見学の様子
左からトゥンク・アブドゥル・ラーマン大学Division of Community and International NetworkingのChen I-Chi副部長、
張勁学長補佐、齋藤学長、林病院長、中川医学部副学部長

 

キャンパス視察では、トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学が提唱する東西融合の理念について説明がありました。齋藤学長からは本学和漢医薬学総合研究所が推進している東洋医薬学と西洋医薬学の融合と相通じるところがあると共感されていました。
キャンパス視察の後、トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学Ewe Hong Tat学長らと意見交換を行いました。意見交換に先立って、齋藤学長からは、トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学の皆様に向けて、現地で英語研修を受ける本学学生が素晴らしいサポートを受けていることや現地学生らの交流が充実していることに対して謝意を伝えました。
その後、齋藤学長によるプレゼンテーションを皮切りに、理学部国際コース及び医学部の海外臨床実習の研修先の候補となっていることなどについて、意見が交わされました。

 

                                                                                          齋藤学長によるプレゼンテーションの様子

 

                                                                                  Ewe Hong Tat学長らとの意見交換の様子

意見交換の後、齋藤学長、林病院長、中川医学部副学部長は、トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学で新しく建設された病院を視察し、病院の各フロアでの担当者の説明に聞き入っていました。

 

                                                                                                                           病院視察の様子
                                                                                         齋藤学長一行とトゥンク・アブドゥル・ラーマン大学の皆様

 

 

                                                                                     病院内を視察する齋藤学長、林病院長、中川医学部副学部

また、松田理学部長と張学長補佐は、会議室において、本学理学部国際コースで行われる現地研修について協議を行いました。松田学部長から概要について説明があった後、特にトゥンク・アブドゥル・ラーマン大学で行われる2週間のスタディツアーに関して意見が交わされました。

 

                                                                                      本学理学部国際コースに関する協議の様子

 

                                                                         齋藤学長一行とトゥンク・アブドゥル・ラーマン大学の皆様と記念撮影

 

トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学訪問後、齋藤学長一行は、クアラルンプール近くのセランゴール州シャー・アラムにあるマラ工科大学を訪問しました。
マラ工科大学は、1956年に設置された国立大学であり、学生数は約180,000人を有するマレーシア最大の総合大学です。本学工学部とマラ工科大学機械工学部は、2013年に部局間学術交流協定を締結しており、今回は、11月に本学を訪問されたマラ工科大学工学部Marfiah Ab.Wahid講師からの招待により実現しました。

 

                                                                              齋藤学長一行とマラ工科大学の皆様 
                                                中央左からShahrin Bin Sahib副学長、齋藤学長

今回の訪問では、マラ工科大学Shahrin Bin Sahib副学長から、大学間学術交流協定の締結、教育学部と共に進めている持続可能な開発のための教育(ESD)及びデータサイエンス教育の促進等について話があり、それらを中心に意見交換が行われました。また、Shahrin Bin Sahib副学長は、本学医薬学について関心を示され、齋藤学長及び中川医学部副学部長から説明されました。

 

                                                         マラ工科大学の皆様と意見交換の様子

今回のインドネシア及びマレーシアへの渡航によって、研究交流及び学生交流の可能性が大きく広がりました。訪問先の皆様と連携・協力していくことで、国際交流の発展が期待されます。

 

2023年10月24日- 10月29日
齋藤滋富山大学長が西ボヘミア大学及びチェコ科学アカデミーを表敬訪問

2023年1024日から29日の間、齋藤滋富山大学長、松田健二都市デザイン学部教授、畑田圭介理学部准教授ほか学生1名及び本学職員2名は、大学間学術交流協定の締結、富山大学リエゾンプロフェッサーの委嘱、富山大学リエゾンオフィスの開所及びリエゾンプロフェッサー・アセンブリの開催を目的にチェコ共和国西ボヘミア大学及びチェコ科学アカデミーを訪問しました。

                                             西ボヘミア大学に向かう途中、プラハ旧市街地において。                                                                   
                                                               左から理学部生、齋藤滋学長、畑田理学部准教授、松田健二都市デザイン学部教授、国際課職員2名


西ボヘミア大学は、1991年に設立された国立大学であり、9学部2研究所で構成され、学生約11,000人が在籍しています。本学理学部と西ボヘミア大学新技術研究センターは、2019年に部局間学術交流協定を締結し、学生交流を行ってきました。
今回、齋藤学長は、Miroslav Lávička学長を表敬訪問し、学生交流の全学的な展開等を目的として、西ボヘミア大学と大学間学術交流協定を締結しました。今後の両大学間での学生交流や共同研究の促進等について活発に意見交換を交わしました。

                                                                                             西ボヘミア大学において大学間学術交流協定を締結
                                                                                             左から齋藤滋学長、Miroslav Lávička学長


表敬訪問の後には、現代美術の研究等を行っている西ボヘミア大学Ladislav Sutnar Faculty of Design and Artを見学しました。学生が各々創作や議論を交わす活気あふれる雰囲気の中、齋藤学長は、Vojtěch Aubrecht学部長からの説明を熱心に聞き入りました。

                                                                                         The Ladislav Sutnar Faculty of Design and Artの見学
                                                                                         左から齋藤学長、Vojtěch Aubrecht学部長

 

その後、齋藤学長は、西ボヘミア大学新技術研究センターを訪問し、Ján Minár先進材料研究チームリーダーに富山大学リエゾンプロフェッサー委嘱状を交付し、続けて、Ján Minárチームリーダーの研究室に、今後の国際交流拠点となる、富山大学リエゾンオフィスを開所しました。Ján Minárチームリーダーは、「大変光栄なことである。頑張っていきたい。」と笑顔で話されていました。今後、学生の派遣受入や共同研究等のさらなる促進に向けた役割が期待されます。

                                                                               Ján Minár先進材料研究チームリーダーにリエゾンプロフェッサーを委嘱
                                                                               左から齋藤学長、Ján Minárチームリーダー                              

                                                                                           富山大学リエゾンオフィスに関する覚書の締結
                                                                                           左から齋藤学長、Ján Minárチームリーダー

                                                                                         富山大学リエゾンオフィスのプレートを設置
                                                                                         左から齋藤学長、Ján Minárチームリーダー


 翌10月27日、齋藤学長一行は、チェコ科学アカデミーを訪問しました。
チェコ科学アカデミーは1784年に設立された国立研究機関であり、3部門54研究機関で構成され、約4,000人の研究者が在籍しています。本学工学部とチェコ科学アカデミー科学機器研究所は、2003年に部局間学術交流協定を締結し、共同研究等を行ってきました。
今回、齋藤学長は、Eva Zažímalová総裁を表敬訪問し、全学的な共同研究の展開や研究者の派遣受入等を目的として、チェコ科学アカデミーと大学間学術交流協定を締結しました。

                                                                                                     チェコ科学アカデミーにおいて大学間学術交流協定を締結
                                                                                                     左から齋藤学長、Eva Zažímalová総裁


その後、齋藤学長は、Ilona Müllerová副総裁及びŠárka Mikmeková科学機器研究所顕微鏡学グループ長に富山大学リエゾンプロフェッサー委嘱状を交付し、続けて、Ilona Müllerová副総裁執務室に富山大学リエゾンオフィスを開所しました。Ilona Müllerová副総裁及びŠárka Mikmekováグループ長は、「光栄なことで、引き続き、富山大学と協力していきたい。」旨の抱負を述べられました。

                                                                                           富山大学リエゾンプロフェッサーを委嘱
                                                                                          左からIlona Müllerová副総裁、齋藤学長、Šárka Mikmekováグループ長

                                                                                           富山大学リエゾンオフィスのプレートを設置
                                                                                           左から齋藤学長、Ilona Müllerová副総裁

 

続いて、令和5年度富山大学リエゾンプロフェッサー・アセンブリをチェコ科学アカデミーにおいて開催しました。チェコ科学アカデミーからはIlona Müllerová副総裁、Šárka Mikmekováグループ長、Dr. Alberto Marmodoro物理学研究所研究員が参加されたほか、在チェコ共和国日本国大使館から東海林参事官が参加されました。本学からは齋藤学長、松田教授、畑田准教授、理学部学生1名及び職員2名が参加しました。同アセンブリでは、リエゾンプロフェッサーが所属するチェコ科学アカデミー及び同アカデミー科学機器研究所の紹介とこれまでの交流について講演が行われ、今後の交流活動について意見交換が行われました。
                                                                                             富山大学リエゾンプロフェッサー・アセンブリにおける
                                                                                           齋藤学長のプレゼンテーション

                                                                                          富山大学リエゾンプロフェッサー・アセンブリにおける
                                                                                          Ilona Müllerová副総裁のプレゼンテーション

                                                                                        富山大学リエゾンプロフェッサー・アセンブリにおける
                                                                                         Šárka Mikmekováグループ長のプレゼンテーション

今後、本学リエゾンプロフェッサーからの協力及び本学リエゾンオフィスの活用により、西ボヘミア大学及びチェコ科学アカデミーとは、さらなる交流の発展が期待されます。

2023年10月17日
中国・内蒙古医科大学副学長一行が富山大学を表敬訪問

10 月 17 日、中国・内蒙古医科大学魯 海文副学長及び同大学附属病院副院長2名が、齋藤学長を表敬訪問しました。
内蒙古医科大学と本学は、2001年に大学間学術交流協定を締結し、2016年には第三附属病院、附属病院及び第二附属病院の順に、2018年には附属人民病院と遠隔医療教育ネットワークに関する覚書を締結するなど、基礎及び臨床医学の分野での交流を発展させてきました。
今回の訪問は、両大学の学術交流の促進について協議するために行われました。
齋藤学長は挨拶の中で、長年の交流において、相互に研究者や医師の派遣や受入れが継続していることに対して、感謝の意を伝えました。懇談では、今後の両大学の病院の連携に関して熱く議論が交わされました。
表敬訪問後には、林病院長及び山本副病院長との座談会があり、医療協力や人材育成に関して、種々意見交換が行われました。その後、一行は本学附属病院を訪問され、手術室及びリハビリテーション室での本病院医師からの説明に聞き入っていました。
今回の訪問を契機に、今後の両大学の更なる交流が期待されます。

           1列目左から 魯  海文内蒙古医科大学副学長、齋藤学長
            2 列目左から    祝 勇内蒙古医科大学附属腫瘍病院副院長、任 建軍内蒙古医科大学附属病院副院長、
                            池田理事、坂下学務部長、西尾国際課長

2023年10月5日
アメリカ・カリフォルニア州立大学サンマルコス校 American Language and Culture Institute(ALCI)Kseniya Gregory副ディレクターが富山大学を表敬訪問

10 月 5 日(木)、カリフォルニア州立大学サンマルコス校(CSUSM)の語学研修機関 American Language and Culture Institute(ALCI)Kseniya Gregory副ディレクターが、池田理事を表敬訪問されました。
今回の訪問は、本学とCSUSM間での大学間学術交流協定の締結に向け、具体的な意見交換をするために行われました。
表敬訪問では、はじめに池田理事から本学の概要説明を行い、理学部倉光教授が大学院持続可能社会創成学環のグローバルSDGsプログラムについて説明を行った後、本学の外国人留学生の受入れ体制等について、終始和やかな雰囲気の中、活発な意見交換が行われました。
表敬訪問後、Gregory氏は、本学サステイナビリティ国際研究センター教員による英語での講義を視察されました。その後、ALCIの短期英語研修プログラムに参加した本学学生による帰国報告会において、同氏がCSUSMの魅力についてプレゼンテーションを行いました。
今回の訪問を契機に、大学間学術交流協定の締結に向けて、議論がさらに深まることが期待されます。

                                                                                                            【理事表敬訪問 集合写真】                                                 
                左から 吉川国際機構交流部門長、池田理事、Gregory氏、松田理学部長

【Gregory氏によるプレゼンテーション】

2023年7月27日
JICA研修団一行が富山大学を訪問

7月27日(木)、国際協力機構(JICA)の研修団一行6名が、課題別研修「適正な医薬品の供給・品質管理・使用に向けた薬事行政」のために富山大学を訪問しました。
今回の研修は、開発途上国の薬事行政官および基幹病院の薬剤師を対象に、日本の医薬品行政に関する法整備、審査体制、安全対策、監視指導体制等を学び、各国の薬事関連制度の体制整備や政策強化に貢献することを目的とし、富山での研修のハイライトとして本学和漢医薬学総合研究所と附属病院を訪問しました。
和漢医薬学総合研究所では、早川所長による概要説明の後、一行は民族薬物資料館を見学しました。その後、加藤薬剤部長による漢方調剤についての講義を受講し、附属病院薬剤部を見学しました。参加者は講義や説明を熱心に聞き入っていました。

   早川和漢医薬学総合研究所長からの概要説明

加藤薬剤部長からの漢方調剤説明

2023年6月20日
駐日欧州連合代表部一行が富山大学をアウトリーチ訪問

6月20日、駐日欧州連合代表部一等参事官・科学・イノベーション・デジタル・その他EU政策部部長のゲディミナス・ラマナウスカス氏、同代表部科学技術アドバイザーのトム・クチンスキー氏及びHorizon Europeナショナルコンタクトポイント・財団法人日欧産業協力センターの山田尚道氏が、本学にアウトリーチ訪問を行いました。
今回の訪問は、2021年に開始した欧州連合の研究開発支援枠組みであるHorizon Europeを通じた国際共同研究の促進を目的として行われました。
冒頭、齋藤学長から、本学の強みであるアルミニウム及び和漢医薬学について紹介があり、さらなる国際共同研究の必要性を強調しました。そして、酒井副学長、門脇和漢医薬学総合研究所特別研究教授、松田都市デザイン学部教授及び楊工学部准教授から本学で進めている最先端の研究を紹介し、畑田理学部准教授からHorizon Europeに採択された経験等についてプレゼンテーションがありました。
その後、ラマナウスカス氏らからHorizon Europeの概要と日本の研究者が参加するメリット等について説明があり、活発な意見交換が行われました。
表敬訪問後に、同代表部一行は、本学和漢医薬学総合研究所・民族薬物資料館を訪問し、早川同研究所長から研究概要や施設の説明を受けました。
今回の訪問を契機に、欧州との学術交流の発展が期待されます。

   1列目左から 山田尚道 氏 National Contact Point for Horizon Europe・㈶日欧産業協力センター、
                                   Tom Kuczynski 駐日欧州連合代表部科学・イノベーション・デジタル・その他EU政策部科学技術アドバイザー、
                                Gediminas Ramanauskas 同代表部一等参事官、齋藤学長、北島研究担当理事、酒井副学長

     2列目左から    楊工学部准教授、畑田理学部准教授、松田都市デザイン学部教授、
                    門脇和漢医薬学総合研究所特別研究教授、加藤研究推進機構学術研究・産学連携本部コーディネーター

2023年6月8日
中日友好医院訪問団一行が富山大学を表敬訪問

6 月 8 日(木)、中国・中日友好医院訪問団一行が、齋藤学長を表敬訪問しました。
中日友好医院と本学は、1986 年に大学間学術交流協定を締結して以来、本学和漢医薬学総合研究所を中心に共同研究やシンポジウムの参加など、研究者の交流を行ってきました。
今回の訪問は、これまでの学術交流の実績を踏まえ、更なる連携の強化について意見交換をするために行われました。
齋藤学長は挨拶の中で、長年の交流において、自身が中日友好医院開院35周年記念中日・医学交流フォーラムで講演したことや、当時の孫陽中日友好医院長から名誉教授の称号を授与されたことについて触れながら、感謝の意を伝えました。そして、訪問団を代表して、丁晶宏中日友好医院副院長から、今回の表敬訪問の機会への感謝及び今後の交流発展への大きな期待が述べられました。特に中医学・漢方医学の強みを活かした両機関の交流について、活発な意見交換が行われました。
表敬訪問後、一行は本学附属病院和漢診療科を訪問され、柴原和漢医薬学総合研究所教授からの説明に聞き入っていました。その後、一行は和漢医薬学総合研究所民族薬物資料館にて、早川同研究所長らとの懇談及び資料館の見学を行いました。
今回の訪問を契機に、今後の両機関の更なる交流が期待されます。

 

   1列目左から 张洪春中日友好医院中医部部長、刘丽宏中日友好医院薬学部主任、丁晶宏中日友好医院副院長、齋藤学長、池田理事、
                                   早川和漢医薬学総合研究所長     

     2列目左から    张劝劝北京同仁堂北京医療分野責任者、蔺橄北京同仁堂参茸中薬製品有限公司副社長、
                                  孟华川日友好医院国際交流室日本担当、王燕森中日友好医院党委事務室主任、周晓峰中日友好医院泌尿器 外科主任教授、
                                  柴原教授、坂下学務部長、西尾国際課長

2023年5月18日
駐日チェコ共和国マルチン・トムチョ特命全権大使一行が富山大学を表敬訪問

5月18日、駐日チェコ共和国大使館特命全権大使マルチン・トムチョ氏、同大使館政治部・経済部経済担当官オンドジェイ・スヴォボダ氏、同大使館政治部・経済部農務アシスタント村田英璃氏及びチェコ科学アカデミー副総裁イロナ・ミュレロヴァー氏が齋藤学長を表敬訪問しました。
今回の訪問は、日本とチェコ共和国との戦略的パートナーシップ共同声明から20周年を迎え、さらに本学とチェコ科学アカデミーとの学術交流も20周年を迎えたことを共に祝福し、今後の両国間の学術交流について協議を行うために行われました。

齋藤学長は、歓迎の挨拶の中でチェコ科学アカデミーのほかにプラハ美術工芸大学や西ボヘミア大学とも学術交流協定を締結していることに触れて、さらなる国際交流の連携強化の重要性を呼びかけました。そして、池田理事、松田都市デザイン学部教授、辻合芸術文化学部教授、畑田理学部准教授による本学の概要と交流実績についてプレゼンテーションがあり、今後の両国間の交流に関して活発な意見交換が行われました。
表敬訪問後に、松田教授から本学の活動紹介、ミュレロヴァー氏からチェコ科学アカデミーの活動紹介がそれぞれ行われました。その後、一行は、本学附属図書館中央図書館ヘルン文庫を見学されました。
今回の訪問を契機に、両国間の学術交流の更なる発展が期待されます。

 

                  1列目左から Ondřej Svoboda 駐日チェコ共和国大使館政治部・経済部 経済担当官、Ilona Müllerováチェコ科学アカデミー副総裁、
                                                 Martin Tomčo 駐日チェコ共和国大使館 特命全権大使、齋藤学長、池田理事、北島理事

        2列目左から 村田英璃 駐日チェコ共和国大使館政治部・経済部 農務アシスタント、李都市デザイン学部准教授、
            松田都市デザイン学部教授、辻合芸術文化学部教授、畑田理学部准教授、坂下学務部長、西尾国際課長

2023年5月9日
インドネシア・ハサヌディン大学学長一行が富山大学を表敬訪問

5月9日、インドネシア・ハサヌディン大学Jamalauddin Jompa学長、Adi Maulana国際協力担当副学長ご一行が、齋藤学長を表敬訪問しました。
ハサヌディン大学と本学は、2002年に大学間学術交流協定を締結し、21年にわたり交流を深めてきました。今回は、本学医学部眼科学講座及び附属病院との連携の強化を含め、今後の学術交流の促進について協議するため、訪問されました。
齋藤学長は、歓迎の挨拶の中で、ハサヌディン大学と本学との国際交流の連携強化の重要性を呼びかけました。また、本学のリエゾンプロフェッサーであるハサヌディン大学Subehan副学長の今後の活躍への期待も述べられました。その後、池田理事、早川和漢医薬学総合研究所長による本学の概要及び留学生・研究生の受入れ体制等の説明から話が深まり、今後の両大学の交流に関して活発な意見交換が行われました。
表敬訪問後には、林病院長を中心に、両大学の病院の連携及び教育プログラム等に関する打ち合わせが行われました。
今回の訪問を契機に、今後の両大学の学術交流及び共同研究の更なる発展が期待されます。

     左から Agussalim Bukhari薬学部副学部長、Habibah S.Muhiddin医学部眼科レジデンス・プログラムコーディネーター、 
                                        Andi Muhammad Ichsanハサヌディン大学病院長、Budu Mannyuハサヌディン大学院プログラム担当学部長、
                                        Adi Maulana国際協力担当副学長、Jamalauddin Jompaハサヌディン大学学長、齋藤学長、早川和漢医薬学総合研究所長、
                                        池田理事、中川医学部副学部長、林病院長、Muhammad Abrar Ismail 医学部眼科教授

2023年4月28日
カナダ・セルカークカレッジ国際担当教員Spence氏が富山大学を表敬訪問

4月28日、カナダ・セルカークカレッジ国際担当教員 Paul Spence氏が、本学齋藤学長を表敬訪問しました。
今回の訪問は、本学とセルカークカレッジ間での大学間交流協定の締結に向けた最終打合せのため、実現したものです。
本年2月には、池田理事らが現地を訪問し、交換留学など具体的な交流内容について議論を行ってきました。

表敬訪問では、Spence 氏によるセルカークカレッジの紹介が行われ、英語教育に特化したEnglish Language Programについて説明が行われたほか、今後の両大学の交流に関して、終始和やかな雰囲気の中、意見交換が行われました。
今後、両大学の学長による協定書への署名をもち、富山大学とセルカークカレッジとの大学間交流協定が締結されます。
今回の訪問及び協定の締結を契機に、両大学の交流がより一層発展することが期待されます。

         左から 吉川国際機構交流部門長、坂下学務部長、Paul Spenceセルカークカレッジ国際担当教員、
             齋藤学長、池田理事、西尾国際課長