富山大学の研究不正に対する取組み

研究活動における不正対応

文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)[PDF, 1MB]」
(文部科学省 平成19年2月15日(令和3年2月1日改正)文部科学大臣決定)

文部科学省「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン[PDF, 1.2MB]」
(文部科学省 平成26年8月26日 文部科学大臣決定)

研究者倫理・行動規範について

研究者倫理・行動規範[PDF, 330KB]

研究者としての自律的行動を徹底するため、本学の研究者自らの意思として「富山大学研究者倫理・行動規範」が定められています。(H18.9.21教育研究評議会決定)

研究不正防止に関する規則について

研究不正防止に関する規則[PDF, 185KB]

富山大学の研究者による研究活動における不正行為の防止及び不正行為の問題が発生した場合の迅速かつ適正な解決を図るため、「富山大学の研究活動における不正防止に関する規則」が定められています。万が一、本学に所属する研究者の研究不正について通報があった場合、この規則に基づき調査等を行い対処します。(概念図[PDF, 65KB])

研究活動における不正行為及び研究費の不正使用の防止対策

コンプライアンス教育及び研究倫理教育

研究活動における不正行為及び研究費の不正使用を事前に防止する取組みとして、研究機関においてコンプライアンス・研究倫理教育を実施することにより、研究者の倫理感を醸成することが重要とされております。

本学では、全ての研究者を対象に APRIN eラーニングプログラム(eAPRIN)「1.責任ある研究行為」を実施しています。(※ 受講対象者には、e-ラーニングを開始するためのID・パスワードを、事務局から個別に連絡します。)

APRIN eラーニングプログラム
「eAPRIN」受講ログインページ

研究者への研究倫理教育について[PDF, 171KB]

本学では、全学生(大学院生・学部学生)に研究倫理教育の一環として研究倫理教育に関するパンフレットを配布し、教材として活用しております。

学生の皆さんへ 研究倫理とは[PDF, 3MB]

通報窓口について

倫理ヘルプライン