富山大学におけるコンプライアンスの推進について

国立大学法人富山大学は、公平公正な職務の遂行及び本学の社会的信頼の維持を図り、もって、透明性の高い大学運営に資することを目的としてコンプライアンスに係る諸規程を制定し、コンプライアンスの推進に努めています。

1.本学におけるコンプライアンスについて

2.コンプライアンス推進体制

  • コンプライアンス最高責任者(学長)
    本学におけるコンプライアンスの推進に係る重要事項の最終的な決定を行う。
  • コンプライアンス総括責任者(コンプライアンス担当理事)
    本学におけるコンプライアンスの推進に係る事務を掌理する。
  • コンプライアンス推進責任者(部局等の長)
    コンプライアンス総括責任者の指示に基づき、所掌する事務又は当該部局に係る
    コンプライアンスの推進に関し指揮監督を行う。
  • コンプライアンス推進副責任者(副学部長、学科長、コース長等)
    コンプライアンス推進責任者が行う業務の実効性を担保するため、コンプライアンス推進責任者を補佐する。

富山大学コンプライアンス推進体制図

画像をクリックすると拡大表示します。

3.コンプライアンス委員会

本学におけるコンプライアンスの推進に係る啓蒙、その他コンプライアンスの推進に係る事項を審議するため、本学にコンプライアンス委員会を設置しています。

コンプライアンス委員会名簿(令和3年4月1日現在)
氏名 役職名等 備考
下敷領 強 理事・事務局長 委員長(コンプライアンス総括責任者)
北島  勲 理事・副学長
大浦 清和 弁護士 任期(令和341日~令和5331日)
齊藤 大輔 総務部長

4.部局等におけるコンプライアンス推進体制

各部局等においては、コンプライアンス推進責任者(部局等の長)の下、部局等の組織規模に応じて、コンプライアンス推進副責任者を配置し、当該部局等のコンプライアンスの推進を図っています。

コンプライアンス推進責任者・副責任者 役職等名一覧(令和3年4月1日現在)[PDF, 64KB]

5.コンプライアンス推進に関する取組み

本学においては、コンプライアンス推進に関する取組みとして、以下のとおり啓発活動を行っております。

6.コンプライアンス対応

本学ではコンプライアンス事案に関して以下のとおり、諸規程を定めております。

7.コンプライアンスに関する通報・相談窓口

本学においては、本学に勤務する役員及び職員による法令違反又は不正行為を防止するとともに、通報に適切に対応し、通報者の保護(「公益通報者保護法」)を図ることを目的に「倫理室」を設置するほか、その他個別の案件に対応するための通報・相談窓口 を設置しています。