プログラム紹介(総合医薬学研究科)

総合医薬学専攻

先端医科学プログラム

本プログラムは、医薬看の分野横断的な専門知識と研究倫理を学び、幅広い医療の先端的知識と研究能力を基盤として、本学が目指す「“人”と“地”の健康」に貢献できる専門職医療人材や医科学研究開発人材を育成します。

具体的には、医療現場で活躍する臨床検査技師や理学療法士などのメディカルスタッフのリカレント教育や、医学科以外の出身者が専門的な医科学研究を実践し、先端的な生命科学の分野で活躍できる研究者を養成する教育を行います。

修了後は、専門職医療人(臨床検査技師,理学療法士など)、医科学研究開発人材(創薬、臨床治験、企業等) などとして活躍することや、博士後期課程や4年制博士課程などへの進学を想定しています。

確定次第、「三つのポリシー」を公開します。

看護科学プログラム

本プログラムは、現代社会の多様な要請に応えるために、看護学専門領域における研究や学際的知見の成果を総合的に活用して、保健・医療・福祉の分野で活躍できる高度医療専門職業人又は教育研究者を育成することを目的としています。

また、看護学専門領域における研究や学際的な動向について多角的に情報収集し、普遍性の高い看護実践・教育を導く看護理論の構築に寄与できる人材を育成します。看護の対象となる個人・家族・集団・コミュニティの尊厳を重視した全人的・包括的な医療を理解し、学際的知見を総合的に取り入れ、国際的にも信頼・通用する確かな看護実践能力と指導力を身に付けることができます。

修了後は、博士後期課程へ進学する研究心旺盛な人材、ならびに保健医療福祉に携わる専門職としてのマネジメント能力を体系的に修得した、看護師指導者、保健所等行政機関における指導者、看護教育・研究者の輩出を想定しています。

確定次第、「三つのポリシー」を公開します。

基礎薬学プログラム

本プログラムは、幅広い知識を基盤とする高い専門性と、医学的素養を含む豊かな創造力、人間尊重の精神を基本とする総合的な判断力を培い、薬科学関連領域の研究者・教育者・技術者、及び医薬品の開発や普及を担う専門家として、人々の健康と学術研究の進歩に貢献できる人材を育成することを目的としています。

修了後は、博士後期課程へ進学する研究心旺盛な人材、ならびに製薬関連企業の研究職・開発職・医薬情報担当者、公的研究機関の研究者、医薬品開発業務受託機関や治験施設支援機関における治験関連業務従事者、および国や県などの行政職として活躍する人材の輩出を想定しています。

確定次第、「三つのポリシー」を公開します。