新型コロナウイルスに関する対応について

富山大学の新型コロナウイルスへの対応に関する情報は、本ページに移行しました。旧ページをブックマークされている方はアドレス変更をお願いいたします。

最終更新日:2020年8月11日

令和2年1月31日付けで「富山大学新型コロナウイルス危機対策本部」を設置しました。

富山大学の活動指針について:レベル2(高度警戒)

2020年8月11日更新

新型コロナウイルス感染症に係る富山大学の教育、研究等に関する活動指針を定め、大学構成員が状況に応じて、適切かつ柔軟に活動する目安を示しました。8月2日(日)~8月8日(土)の富山県内の感染者数の増大を受けて、カテゴリー(要注意 → 高度警戒)活動指針(レベル1 → 2)へと、活動制限の水準を引き上げています。本活動指針を参考に各自が自律的な行動をとるようお願いいたします。

ページの先頭に戻る

重要なお知らせ

ページの先頭に戻る

在学生・新入生の皆さんへ

授業の実施について(2020年7月17日更新)

  • 【講義科目について】
  • 6月1日(月)より、十分な感染対策を講じた上で、対面型授業を可能とします。なお、一部の講義科目は、状況に応じて非対面型授業(遠隔授業)で実施します。
  • 【実験・実習・実技・演習科目について】
  • 5月25日(月)より、十分な感染対策を講じた上で、実験・実習・実技・演習科目を実施します。

これらに関する詳細な内容、及び学年暦の改訂内容、教科書販売、非対面型授業(遠隔授業)の受講方法等について、以下の通りご案内しています。

ページの先頭に戻る

課外活動の実施について(2020年8月11日更新)

 8月11日(火)付で、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための富山大学の活動指針」のカテゴリー(要注意 → 高度警戒)、活動指針(レベル1 → 2)となりました。
 学生の課外活動に対する活動制限措置は次のとおりです。

『キャンパス内外における屋内での集会の禁⽌及び活動状態に応じて⼀部の課外活動を許可(必要最⼩限の時間)』

課外活動の再開について

ページの先頭に戻る

国内における移動制限について(2020年8月11日更新)

 学生・教職員の国内移動については、「国内における移動制限に関する基準について」に基づき、出張や旅行などの国内移動に係る警戒地域を示し、行動していただくよう定めましたので、今後はこの基準により行動してください。

  • 高度警戒地域への不要不急の移動は自粛を要請(高度警戒地域からの来訪者についても自粛を要請)
  • 警戒地域への移動は慎重に判断することとし、移動する場合には感染防止対策を徹底(警戒地域からの来訪者についても感染防止対策を徹底)

ページの先頭に戻る

新型コロナウイルス感染症に関する「こころの健康」について

ページの先頭に戻る

経済支援について

2020年8月5日更新

ページの先頭に戻る

式典・行事・イベントについて

各種行事・イベント等への参加・実施について(2020年7月28日更新)

感染防止の観点から、本学の学生・教職員による飲食を伴う懇親会等の開催および参加は、引き続き自粛をしてください。

(1) 本学が実施する各種行事・イベント等

  •  本学が実施する各種行事・イベント等については、当面の間、次のとおりとしますので、実施にあたっては「富山大学における新型コロナウイルス感染症対策に関するガイドライン」を遵守してください。
  • (6月1日~6月18日)
  •  規模は、100人又は収容定員の50%のいずれか小さい方とし、適切な感染防止対策を講じた上で、特定地域からの来場を見込み、人数を管理できるものとする。
  • (6月19日~8月31日)
  •  適切な感染防止対策を講じた上で、特定地域からの来場者を見込み人数を管理できるものとする。
  • (9月1日以降)
  •  感染状況等を見つつ検討の上、改めて通知する。
  •  また、8月31日までの間に全国的な移動を伴うイベント又はイベント参加者が1千人を超えるようなイベントの開催を予定する場合は、主催者において、事前にチェックリストを記入し、富山県健康課への提出が必要となります。
    詳細について以下のサイトを確認いただき、該当する取組がある場合は、富山県への提出前に、危機管理室までご連絡ください。
  • 7月10日以降のイベント等の開催について(富山県)
  •  全国的または広域的な人の移動が見込まれるものや参加者の把握が困難なものについては、中止を含めて慎重に取り扱うこととします。また、本学に罹患者が出た場合や地域あるいは全国的な感染拡大があれば見直しを行います。

(2) 学外の各種行事・イベント等への参加

  • ①換気の悪い密閉空間、②人が密集している、③近距離での会話や発声が行われる、「3つの条件が同時に重なる場」はこれまでの国内の状況から集団感染が発生するリスクが高いとされています。
  • また、新型コロナウイルス感染による重症化リスクが高くない若年層においては、無症状又は症状が軽い方が、本人は気づかずに感染を広めてしまう事例が多く報告されておりますので、特に注意して行動してください。

ページの先頭に戻る

海外渡航および海外からの入国について

学生・教職員等の海外渡航について(2020年3月26日更新)

 世界各地で、新型コロナウイルスの感染が拡大しており、それに伴う国境閉鎖や外出禁止令等の措置により邦人旅行者等が行動制限を受けたり、 航空便の突然の減便又は運航停止(各渡航先のみならず経由先の場合を含む。)により影響を受ける事例が発生しています。
そのような状況を踏まえ、 本学においては当面の間、学生・教職員の海外渡航(私事渡航含む。)は原則禁止とします。

 なお、現在海外に滞在している学生・教職員に対しては、以下の事項について各学部等から確認を行い、状況を把握願います。

  1. 外務省、厚生労働省等のホームページ及び現地日本国大使館等から最新の情報を入手し、現地での行動に細心の注意を払うとともに、渡航中は大学、家族等との連絡を密にすること。また、滞在している地域の状況も踏まえ、早期の帰国を検討するなど、必要な手続きを大学等と連絡を取りながら進めること。
  2. 外務省の渡航登録サービス(たびレジ)へ登録すること。
  3. アルコール消毒や石けんによる手洗い、マスク着用等感染対策を徹底すること。

ページの先頭に戻る

海外から帰国・入国する学生・教職員等への対応について(2020年8月5日更新)

 海外から帰国・入国した者は、日本入国後は14日間、空港周辺のホテル等に滞在し、厳重な健康観察等を行うことを要請しています。
 入国後の健康状況については大学からも毎日状況確認を行いますが、異変がある場合は速やかに所属学部等にメールまたは電話で連絡してください。

ページの先頭に戻る

海外に滞在している外国人留学生について(2020年8月11日更新)

 7月29日付で外務省ウェブサイトに「在留資格を有する外国人の再入国について」と題して、現在出国中の再入国許可者の再入国に関する手続きが掲載されました(7月31日に一部改訂)。このことについて、各学部等の担当者を通じて連絡を行っていますが、最新の情報は次の本学ウェブサイトでもご案内しますので、不明な点があれば、すぐに各学部等の担当者までお問い合わせください。

当該学生に対する今後の修学上の対応等については、別途ご連絡します。

ページの先頭に戻る

感染予防に関する注意・相談窓口

感染予防対策・健康管理(2020年5月19日更新)

 現在、日本国内でも感染が拡大しておりますので、感染予防のため、通常の感染対策(流水と石けんによる手洗い、アルコールによる手指消毒・マスク等の咳エチケット)を徹底してください。また、人混みを避けるといった個人的対策をとるとともに、普段から健康状態に注意し、発熱等の風邪症状が見られるときは、通学・通勤を控えてください。その場合は速やかに所属学部等に連絡の上、自宅待機中は毎日体温、健康状況等を所属学部等に報告していただきます。また、以下のような症状がある場合は、速やかに本学保健管理センター及び帰国者・接触者相談センター(地域の厚生センター・保健所)に電話相談(※)の上、指示に基づき医療機関を受診願います。

※帰国者・接触者相談センターに相談した場合は、本学保健管理センターにも必ずご連絡願います。

ご相談いただく目安

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感),高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談する。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様とする)

ページの先頭に戻る

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口(2020年2月19日更新)

  • 保健管理センター
    • 五福キャンパス 076-445-6911
    • 杉谷キャンパス 076-434-7199
    • 高岡キャンパス 0766-25-9134
    • ※受付時間:8時30分 ~ 17時15分(土日・祝日を除く)
  • 県内の帰国者・接触者相談センター・一般電話相談窓口
    • (富山県厚生センター・支所・保健所)
      (お住まいの地域の厚生センター等に連絡してください。)
    • 【受付時間 8時30分~17時15分(土日・祝日を除く)】
      ※夜間・休日はメッセージにより緊急電話番号が案内されます。
相談先(感染症担当) 電話番号(直通) 所管市町村
新川厚生センター 0765-52-2647 黒部市、入善町、朝日町
新川厚生センター魚津支所 0765-24-0359 魚津市
中部厚生センター 076-472-0637 滑川市、舟橋村、上市町、立山町
高岡厚生センター 0766-26-8414 高岡市
高岡厚生センター射水支所 0766-56-2666 射水市
高岡厚生センター氷見支所 0766-74-1780 氷見市
砺波厚生センター 0763-22-3512 砺波市、南砺市
砺波厚生センター小矢部支所 0766-67-1070 小矢部市
富山市保健所 076-428-1152 富山市
富山県厚生部健康課(※) 076-444-4513
※富山県厚生部健康課は一般電話相談のみ対応
  • 厚生労働省
    • 電話:0120-565653(フリーダイヤル)
      ※受付時間:9時00分 ~ 21時00分(土日・祝日も実施)

ページの先頭に戻る

今後の富山大学の対応について

学内で感染者が発生した場合の対応について(2020年5月19日更新)

 今後学内で感染者が発生した場合の対応については、以下のとおり対応します。ただし、富山県内の感染状況によっては、学内感染者がいない状況でも、以下の対応を弾力的に実施する場合があります。

  • 学内で感染者が発生した場合は臨時休校とします。
  • 臨時休校とする場合の範囲については、状況に応じて判断します(ただし附属病院は除く)。
  • 臨時休校とした場合の休校期間は2週間とします。
  • その他の対応については別途検討の上、お知らせします。

ページの先頭に戻る

今後の情報提供等について(2020年2月3日更新)

新型コロナウイルスに関する状況は今後変化することが予測されます。大学からの連絡は主に学内掲示板(ヘルンシステム等)、本学ウェブサイトにて行いますが、普段から以下関連情報ホームページ、報道等から最新の情報を入手し、正しい情報に基づき冷静に行動してください。

【過去のお知らせ】

ページの先頭に戻る