薬学部

最新の薬学から伝統医薬まで学べる

薬学部は、薬剤師養成の6年制課程と創薬研究者養成の4年制課程を併設し、一世紀以上の伝統を有する学部です。最新の薬学から伝統医薬まで幅広く学べることが大きな特徴で、薬都ならではの特色ある研究教育は高い評価を受けています。医学部、附属病院、和漢医薬学総合研究所が同じキャンパス内にあるメリットを生かし、薬剤師と研究者の双方を育成しています。

学部長挨拶

薬都で学ぼう ~崇き連峰 薬師への挑戦~

薬学部長
酒井 秀紀

富山大学薬学部は、「くすりの富山」として300年以上の薬の歴史を有する富山県に根差しており、1893年設立の共立富山薬学校に始まり現在に至っています。富山県は現在、全国的にも稀な薬産業の集積地帯「薬都」となっており、医薬品生産額は全国トップレベルにあります。

薬学の本質は、「薬を知る、創る、使う」ことにあります。富山大学薬学部の両輪は、4年制の「創薬科学科」と6年制の「薬学科」からなり、創薬科学科では「薬を知る、創る」ことに重きをおき、創薬研究者・技術者等を育成することを目的としています。一方、薬学科では「薬を知る、使う」ことに重きをおき、薬剤師を育成することを目的としています。両学科ともに、薬都富山の伝統「Research Mind」(新しい物への探究心と論理的思考力)を修得できる教育を目指しています。

富山大学薬学部のスローガンは、「崇き連峰 薬師への挑戦」です。「崇き連峰」は、富山が誇る立山連峰を表し、「薬師」は、立山連峰の南側に位置する薬師岳を表しています。一方、「崇き連峰」は、当学部が、薬学や創薬科学の専門的知識・技術を駆使して解明すべき薬学関連分野の難題に見立てています。「薬師への挑戦」には、当学部において、「薬のプロフェッショナル(薬師)」をめざし精一杯チャレンジするという意味を込めています。

皆さん、薬都で学んで、薬師を目指しましょう!

学科

  • 薬学科(6年制)
  • 創薬科学科(4年制)