医学部

東西医薬の融合を理念に

東西医薬学の融合を理念に、慈愛の精神にあふれ高い技術をそなえた医療人の育成を目指しています。医学科と看護学科の2学科があり、同じキャンパス内にある薬学部とも緊密に連携を図っています。
医学科専門課程では臓器別の統合的カリキュラムと少人数問題解決型の教育を導入しています。看護学科では科学と人間性の調和を重視した教育を行い、卒業生は就職先の病院からも高い評価を受けています。

学部長挨拶

地域と世界で活躍できる医療人を育成

医学部長
関根 道和

医学部は、1975年に富山医科薬科大学医学部として開学し、2005年の県内国立大学の再編統合により富山大学医学部となりました。開学から約半世紀が経過した歴史ある医学部です。

医学科は、国際基準に準拠した医学教育分野別評価を受審し、2018年に国際基準に適合しているとの認定を受けました。受審は日本で7番目、北陸3県では初の認定校です。教職員が熱意をもって、最新の知識や技能、高い倫理観、温かい人間性を備えた医師を育成している点が高く評価されました。

看護学科は、学士課程修了により看護師・助産師・保健師の3つの受験資格を得ることが可能となっています。看護学科においても看護学教育分野別評価を2025年に受審予定であり、現在、看護学教育改革が進行中です。さらに、大学院教育において、専門性の高い看護職を育成しています。

医学部のある杉谷キャンパスは、薬学部、附属病院、和漢医薬学総合研究所を擁する富山大学の医薬系拠点であり、東西融合や異分野融合により新たな価値を生み出す最適な環境を提供しています。

私達は、グローバル・スタンダードの医学教育や看護学教育を実施することで、地域と世界で活躍できる医療人を育成しています。

学科

  • 医学科
  • 看護学科