都市デザイン学部

この学びが、やがて都市の未来を拓く

これからの都市環境は、単なるインフラ整備にとどまらず、地域の自然や歴史文化、産業に根ざしたものが求められます。それには、従来のハード整備だけでなく、ハード・ソフトの両面から安全で安心、快適な都市を考え、地域の活力を創出していくことが必要です。
富山大学都市デザイン学部では、「地球科学」、「都市と交通」、「材料工学」の専門知識を融合させ、安全・安心な都市の創出と、地域創生が可能な人材の育成を目指します。高低差4000mという壮大で美しい自然を有し、海外にも知られる国内トップレベルの先進的な都市づくりを推進している富山を実践フィールドとして、都市デザインに必要な知識と技術を習得していきます。

学部長挨拶

都市デザイン学部で未来の社会を考えよう

都市デザイン学部長
渡邊  了

現在、わたしたちは、人口減少・高齢化、地球温暖化という、人類がこれまでに経験したことのない大きな問題に直面しています。これからも豊かな生活を続けていくためには、これらの問題にうまく対応できるよう、生活の場である「都市」をデザインしていく必要があります。都市デザイン学部の3 学科は、それぞれが「都市デザイン」の重要な役割を担っています。これらの連係により、持続可能な社会を実現するための新しいアイデアが生まれるはずです。

この学部では、全学生が地域課題の発見・解決に取り組みます。地域を知る自治体や企業の方々にご意見をいただきながら、現実的な解決策を目指します。授業では富山県をフィールドとしますが、この学びはどの地域にも応用できるはずです。皆さんもこの学部で未来の社会を考えてみませんか。斬新なアイデアを期待しています。

学科

  • 地球システム科学科
  • 都市・交通デザイン学科
  • 材料デザイン工学科